calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>

今までの記事

カテゴリー

保全活用協議会のスタート、そして笹鼻の池の水調査も次のステップにという日。

0

    今日は、中池見湿地保全活用協議会設立総会があり、

    いよいよ、協議会のスタートです。

    第1回協議会

    協議会の会長には、

    福井県立大学地域経済研究所の井上武史先生が選ばれました。

    保全活用協議会井上会長

    今日は、中池見の保全活用にすでに関わっている、

    もしくはこれから関わりたいと考えている団体や事業所の皆さん同士が、

    ビジターセンターに集まっての顔合わせ、情報交換というところで、

    終了となりましたが、

    これから、お集りのみなさんと、そして、ここからさらに仲間を増やして、

    引き継いでいくべきことは引き継ぎ、

    さらに、中池見ならではの新しいことも生まれていくような、

    そんな活動にしていきたいと改めて思いました。

     

    まさに、中池見の新たな船出の日。。。

    午後からは、笹鼻の池に舟を出しました(笑)

     

    「ダレでも調査」の提案者、先日の観察会でもお世話になった、

    中部大学の村上先生の新たなご提案で、

    正確な形もなにもわからずにいる笹鼻の池を、

    三角測量によって、どんな形になっているのか、

    どれだけ深いのか、広いのか明らかにしよう、ということで、

    全体にわたる調査の下調べとして、

    舟を出してみたというわけです。

    (なお、中池見では、レジャーのためにボートなどを持ち込んで

    利用いただくことはできません。)

    笹鼻の池プレ調査

    いってらっしゃ〜い!。。。

     

    実は、私も舟に乗りました。
    あまりの気持ちよさに最初はテンション高く漕げたのですが、
    途中から、もう腕に力が入りませ〜ん!とギブアップ(苦笑)
    ということで、学生さんと選手交代したところです。。。

     

    笹鼻の池プレ調査

     

    笹鼻の池プレ調査

    測定機材を下して、水深や水質などを測ります。

     

    笹鼻の池プレ調査

    このときは、水深3メートル。

    今日測った中では、一番深いところが4メートルだったそうです。

    およそ、2メートル前後のところが多い感じでした。

     

    浮き巣

    もう使っていないカイツブリの浮き巣を間近に見ることができました。

    ラッキー!!

    今日は、水鳥もお留守だったようで、

    舟に驚いて飛び立つ、ということも見られず、

    安心したり、ちょっと残念だったり、という感じでした。

     

    今回の下調べをもとに、

    本格的な調査を、市民のみなさん、できれば子どもさんにも、

    参加いただきながら行いたいと思っています。

    どうぞ、乞うご期待!!

     

     

     

     


    展示し始めたニホンカナヘビが、すぐに産卵しちゃいました!

    0

      皆さん、ブログでははじめましての浅利です。

      4月から中池見ねっとのスタッフとして中池見で活動しています。
      さて、今日ご紹介したいのは、

      現在ビジターセンターで行っている生体展示、爬虫類編!

      最初は皆さんご存知のカナヘビから。

      といっても、よく「トカゲ」と呼ばれたりもしますが(苦笑)、

      カナヘビはニホントカゲとはまた別物なので、あしからず。。。

      生き物展示〜ニホンカナヘビ

      じつは、最近展示し始めたばかりのこのカナヘビが、

      7月20日に産卵していました!

      ニホンカナヘビ

      ここでは二匹展示していますが、

      偶然にもそれがオスとメスになっていました。
      展示してから数日しかたっていなかったので、

      まさかこんなに早く卵を産むなんて思っていませんでした。

      生き物展示〜ニホンカナヘビ
      最初は卵が1つ凹んでいたのですが、今では凹みもなく元気に成長しています。

      有精卵だということですね!
      上と下が逆にならないようにペンで印をつけてから別の場所に移しました。
      孵るのが楽しみですね。

       

       

      次はイシガメ。

      生き物展示〜ニホンイシガメ

      皆からは館長命名の「かめきち」の愛称で呼ばれています。
      とても可愛くて、餌をあげるときもピンセットにつまんだ餌を食べてくれます。

      なお、観察のポイントは、上からではなく、横からそっと覗くことです。

      皆さん是非見に来てくださいね。

      また近々、爬虫類の新入りをご紹介しますので楽しみにしてくださいね。

       

      最後に、宣伝〜。

      「生きもの探偵団」という小中学生対象で年間を通して行う企画があります。

      来週の日曜日にも秘密基地を作るイベントを企画しています。

      まだ少し空きがありますので、是非、ご申込みくださいね!

       

      生き物探偵団

       

      なかいけみ生きもの探偵団、

      詳しくは、こちら


      雨でもやる!?ザリガニバスターズ

      0

        今日は朝からあいにくの雨、結構降っています。

        ザリガニバスターズの案内には少雨決行とは書いたもの

        今日は参加者がいらっしゃるか不安でした。

        しかし、日頃の行いが良い為か、突然雨がやみ、

        中池見の自然を守るザリガニバスターズ、本日も絶好調。

         

         

        大漁?この笑顔!!

         

        こちらも大量

         

        総勢 こんなもんだ〜

         

        駆除したアメリカザリガニは展示しているナマズの餌に、

        残りは堆肥づくりに使いました。

         


        今回の観察会に参加した人たちは、帰りにスーパーに寄ってるはず(笑)

        0

          今週の日曜日(10日)は、7月の自然観察会の日でした。

          今回のテーマは、「湿地の水を調べてみよう」

          講師に、中部大学の村上哲生先生をお迎えし、

          中池見の水環境の特徴や、簡単な水の調べ方などをわかりやすく教えていただきました。

           

          自然観察会「湿地の水を調べよう」村上哲生先生

          水を調べるというと、特別な難しい機材を使わないといけない気がしますが、

          実は、身近なものを使って簡単に調べることができるんですよと、村上先生。

           

          湧水の水を調べよう田んぼの水温

          外にでて、実際に湿地の水を調べてみましょう〜。

          ということで、水が湧き出している山の斜面、その水で作っている田んぼで、

          水温を測り、水を採取しました。

          湧水近くでは、22℃。

          田んぼでは・・・

          田んぼの水温

          35℃!!

          おお〜、高いね〜

           

          では、このため池ではどうだろう・・・

          池の水を調べる様子

           

          昔からあるため池で、アオミドロが繁茂しています。

           

          『このピンク色のものは、バクテリアで硫黄を食べて生きています。

          ということは、地下からか硫黄を含む水が出ているのではないか、ということが推測できる、

          ただ、普通は塩水が入ってくるような所で

          このようなピンク色のバクテリアが出てくることはあるけれども、

          塩水が入ってこないこのような場所で、これが見られることは非常に稀です』と村上先生。

           

          ちなみに、水温は20℃。

          水温の低い場所を好むミツガシワが繁茂するわけですね。

          池の水を調べよう牛乳1滴いれてみると

          透視度を測ってみると約65cm。

          ここに、牛乳を一滴入れてみると・・・

          水をどんどん減らしても、目印の十字が見えてこない。

          もう水がなくなるよって位になって、やっと十字が見えました。

           

          『これは、牛乳でもお味噌汁でも変わりません。

          たった1滴でも流せば、こんなに水が汚れてしまうんだってことを、

          覚えておいてくださいね。そして、できるだけ流さないようにしましょう・・・』

          みんな大納得。

           

          次は、笹鼻の池に向かいます。

           

          笹鼻の池を調べてみようダレでも調査

          笹鼻の池では、2か所で池の水位の変動を調べる、「ダレでも調査」を行っています。

           

          『とっても簡単な調査なので、皆さんも中池見に来たら、

          これに参加してください、じゃ、さっそく記入してみよう・・・』

           

          笹鼻の池を調べてみよう

          透視度も測定。。。

           

          各地で水を採取して、センターに戻りました。

           

          紫キャベツの汁でPHを調べる紫キャベツの汁でPHを調べる

          センターに帰って、採取した水の酸性アルカリ性を調べます。

          調べるための指示薬は、なんと紫キャベツで作れるとのことで、

          作ってきてくださった赤紫の液体を、採取した水に入れて、色の変化を見ました。

          子どもも大人も、興味津々!

          ということで、参加者のみなさん、

          きっとこの日の帰りには、スーパーのお野菜コーナーに寄って、

          すぐに家で実験したくなるだろうなぁ、という楽しい観察会でした(笑)

          ちなみに、紫キャベツじゃなくても、朝顔や赤玉ねぎや赤紫蘇でもできるそうですよ。

          これ、楽しい自由研究になりますね〜。

           


          古民家いい風来る〜(≧▽≦)いろりボランティアさんが来てくださいました!

          0
            今月も自然観察会に合わせて、いろりボランティアさんが
            来てくださいました!
            いつもお世話になっている秋あかねさん♡
            いろりボランティアさん
            暑い中ありがとうございます!
            古民家は風もよく通るし涼しいわ〜だって(≧▽≦)
            夏にいろりって思うかもしれませんが、結構いい感じですよ〜♪
            火の番をしながら、自然観察会に参加された方に配る
            スイカの用意をしていただきました。
            ミニ田んぼの後のスイカ最高!
            運よくスイカをゲットしたミニ田んぼサポーターさん!
            暑い中の草取り後のスイカは最高ですね( *´艸`)
            秋あかねさんありがとうございました〜!!

            7月の観察会は、夏休みの自由研究におススメ!企画『湿地の水を調べてみよう』

            0

              昨日の暑中お見舞いシリーズ企画記事といい、

              今日の夏休みの自由研究におススメ企画記事といい、

              季節先取り意識し過ぎでしょうか?(笑)

              でも、どちらも、出さなくちゃ、やらなくちゃと思っている間に、

              時の過ぎるのは早く、後悔しやすい類のもの(笑)、

              あくまで個人の意見ですが。。。(笑)

               

              そんなわけで、明後日の日曜日、

              7月10日に開催します、7月の自然観察会は、

              湿地の水調べにチャレンジしていただきます。

               

              講師に、中部大学教授の村上哲生先生をお迎えし、

              水を調べるってどういうことか、水調べの意味と、

              調べ方、調べてみてわかることなどを教えていただきます。

              水調べの一つ、水の透明度を測る道具を手作りしたり、

              いくつかの違う場所の水について、実際に調べてみたりします。

               

              中池見湿地の水調べを、さらに進めていただくこともできるし、

              自分の住んでいる地域の水調べをしてもいいですよね。

              きっと、とても参考になって、

              夏休み前なのに、早く宿題やりたい!なんてことになるかも・・・それはないか?(笑)

              とにかく、子どもさんだけでなく、大人にとっても楽しく興味深いお話になると思いますので、

              ぜひ、親子でご参加くださいませ。

               

              自然観察会チラシ

               

              詳しくは、中池見人と自然のふれあいの里のHPをご参照ください。

               

               

               


              梅雨明けてないけど、すでに夏バテのあなたへ。暑中お見舞いシリーズ

              0

                急激な気温上昇に、

                かなりバテ気味の方も多いのではないでしょうか。

                今日は「小暑」とのことで、

                いよいよ、夏が来るよ〜ってことらしいのですが、

                いや、もう来てるわ〜!と、テレビに突っ込み入れつつ、

                こちらではとりあえず、暑中お見舞い申し上げます。。。

                 

                まだ、早いやろ!のお叱りは甘んじて受けながら、

                しかし、私は思っています。

                お見舞い、何べん言うてもええんとちゃう?って(笑)

                ハガキは1度でいいけど、ブログやし・・・

                今年は、この暑さを乗り切るための、

                暑中お見舞いシリーズをお送りしたいなと、思う所存です(笑)

                 

                ヌマトラノオ

                そろそろ咲いてるかなぁと思っていたら、ありました、ヌマトラノオ。

                いつ見ても、清楚できれいです。

                 

                ミゾソバ

                ミゾソバ

                こちらは、咲かない時期ではないけれど、

                秋に一面咲く絵が浮かぶので、もう咲いたの?って思っちゃいます。

                それにしても、本当にきれいなピンクです。

                 

                シバグリ

                シバグリ

                まだ青いシバグリ、小さいけれど、カワイイし、色がキレイ!!

                 

                ネムノキ

                ネムノキ

                下に落ちた花を見て、見上げることが多いかな。

                湿地のあちこちで、きれいに咲いてくれてます。

                 

                ツリガネニンジン

                ツリガネニンジン

                私の中では、夏から秋へと感じさせてくれる花なので、

                ちょっと早いなぁって感じです。

                 

                それでも、この涼やかなブルー。

                暑中お見舞いには良さげですね。

                 

                皆さま、どうぞ、くれぐれも熱中症には気を付けて、

                でも中池見を楽しんでくださいね。


                「中池見しぜんたいけん」ワークショップ in 咸新小学校

                0

                  今日は、咸新小学校のオープンスクールにお招きいただき、

                  「中池見しぜんたいけん」ワークショップを行ってきました。

                   

                  咸新小のオープンスクールにて

                  事前に搬入しておいた、咸新小のみなさんの中池見での活動パネルは、

                  先生がばっちり展示しておいてくださってました。

                  今日は、中池見に生えているガマの葉を使っての工作ということで、

                  朝、センター前のガマとヒメガマを刈って持ってきました。(画像右端)

                  スタッフTさんは、先生が準備してくださっていた

                  「いなばの白うさぎ」の絵本を懐かし〜!と読んでいます(笑)

                   

                  2学年づつ3回で、それぞれ25分ほどが割り当ての時間です。

                  さっくり、ガマのお話をして、さっそく工作を始めます。

                  咸新小のオープンスクールにて

                  事前に準備しておいたガマの葉を、

                  交互に編んで形にします。

                   

                  咸新小のオープンスクールにて

                  こどもたちも、おうちの人も、わいわい楽し気だったり、

                  結構真剣だったり(笑)

                   

                  咸新小のオープンスクールにて

                  おお〜〜〜!!

                  すんごく上手!!

                  輪ゴムは、あとでリボンにしてもいいし、

                  織り込んでもいいし、好きな形にできるよ〜ってことで、

                  ここまでできたら、終了です。

                  ちなみに、これ、何に使いたい?って聞いたら、

                  舟にして水に浮かべたいって子や、

                  お団子載せたいってお母さん <同感!(笑)

                  おしぼり置いたり?などなど。

                  この後の始末次第で、いろいろなものに変身しそうですね。

                   

                  咸新小のオープンスクールにて

                  できたもの、みんなで見せて〜!の先生の掛け声で、

                  はいポーズ!

                  うん、みなさん笑顔で、楽しんでいただけた感じ!

                  短い時間でしたが、このワークショップで中池見を感じていただけたなら嬉しいです。

                  ぜひ、また遊びにきてくださいね!

                   

                  それにしても、中池見にある草を使っての小物づくり、

                  これは、結構楽しい!って、ちょっとブームになるかもです(笑)

                  今後、どうなるか、乞うご期待!

                   


                  残念な雨(;_;)こんなはずじゃなかったのに!ナイトウォッチング

                  0

                    今年最後のナイトウォッチングは、24日(金)の予定でしたが、

                    雨と強風の影響で延期となり25日(土)となりました!

                    昼は雨が降っていて心配でしたが、夕方には雨は上がりいい

                    感じやね~🎶という状態。

                    ナイトウォッチング

                    ビジターセンターを出発時には、雨がしとしとと降り始め・・・

                    でも、小雨だし大丈夫〜(*´з`)

                    カエルの声を聞いたり、木にとまるホタルを見たり、生きもの気配を

                    いっぱい感じながら歩いていました!

                    が!しかし!!!!!雨がどんどんひどくなり・・・(;_;)

                    傘をさしてもベタベタ(;_;)

                    雨ひどくなってきたし、ついてきても大丈夫な方だけで

                    ヘイケボタルがたくさん見えるポイントへ。

                     

                    雨の中でも、キラキラと光るヘイケボタルを観察できました!

                    いつもより数は少なく控えめな感じでしたね(泣)

                    でも、子ども達がホタルを手にのせて楽しそうに観察している姿を

                    見て少し安心しました(´▽`)

                    生きものの気配がいっぱい感じたのに、

                    大雨でそれどころじゃなかったのが本当に残念でした(;_;)

                    もっとヘイケボタル見たかったな〜!(泣)

                    また、来年期待しましょう!!!

                    雨の中のナイトウォッチングお疲れさまでした!

                     

                    オバボタル

                    このホタルは、オバボタルです。

                    スタッフがヘイケボタルのつもりで参加者の皆さんにご紹介しようと

                    センターに連れてきたオバホタル(笑)確かにヘイケボタルと似てるかも!

                    このホタルは光らないホタルだそうですよ!ホタルと言えば、ゲンジと

                    ヘイケって思ってたんですが、いろいろ種類がいるんですね〜

                    びっくりだ(*'▽')

                     


                    6月の自然観察会「中池見のトンボたち」

                    0

                      さる6月12日、「中池見のトンボたち」というテーマで自然観察会を行いました!

                       

                      この日は少し風が強かったものの、過ごしやすい気候で絶好の観察会日和となり、

                      たくさんの参加者がお越しくださいました。

                       

                      講師の和田さんと一緒に中池見湿地を回りながらトンボを採集する今回の観察会。

                      一か所目のポイントはセンター前のミニ田んぼ周辺です!

                      自然観察会「中池見のトンボたち」

                      田んぼをわきを歩きながらトンボ探し...

                      ※こどもさんと希望された方には虫取り網を貸し出しています

                       

                       

                      自然観察会「中池見のトンボたち」

                      講師の和田茂樹さん(画面中央)

                      「中池見湿地のトンボ観察ガイドブック」の編集者で、

                      トンボに関する知識は専門家並みかそれ以上!

                      毎回トンボ愛に満ち満ちた解説を聞かせてくれます。笑

                       

                      トンボに詳しい和田さんですが、採集の腕前もすばらしいもので、

                      次々とトンボを捕まえていました。

                       

                      ハラビロトンボ

                      和田さんが捕まえたハラビロトンボ♂

                      羽化してすぐは全身黄色ですが、オスだけは成熟するにつれて体が青っぽくなり

                      腹に白い粉を吹くのが特徴なんだそうです。

                      よく見ると顔のまんなかが青くキラキラしていて宝石のよう!

                      よく見かけるトンボですが、近くで見てみると意外な発見があるものですねぇ〜

                       

                       

                      自然観察会「中池見のトンボたち」

                      さてさて、参加者の皆さんも和田さんに続けとばかりにトンボ採集に夢中です。

                       

                      そろそろ移動しますよ〜

                       

                       

                      2か所目のポイントは七曲の池の周り。

                      ここにはどんなトンボがいるでしょうか?

                      チョウトンボ

                      早速見つかったのはチョウトンボ♂

                      真っ黒に見える羽は角度によって青紫色に輝いてみえます!

                      ちなみにメスの羽は緑色に輝いて見えるそうですよ。

                      羽の色がついた部分の形は個体によっても違うので、

                      何度見ても見飽きないトンボです。

                      チョウトンボはもともと池が好きなトンボで、

                      中池見ではこの10年ほどの間によく見つかるようになりました。

                      今や夏の中池見を代表するトンボでもあります。

                       

                      ショウジョウトンボ

                      続いて見つかったのはショウジョウトンボ

                      成熟したオスは全身が真っ赤になるため、

                      真っ赤な顔をした中国の妖怪、猩々(ショウジョウ)の名前が付きました。

                      このトンボも羽化してすぐはオスもメスも全身黄色なのに、

                      オスだけは成熟すると真っ赤になるんだそう。

                      というわけで、右の黄色いトンボはメス...かと思いきや、色づく前の♂でした!

                      同おなじオスでもこんなに色が変わるんですねぇ〜

                       

                      ヨツボシトンボ

                      こちらはヨツボシトンボ

                      がっしりとしたトンボで、よく見ると顔や胸は毛深くてなかなか迫力があります。笑

                      羽の前縁中央に黒い模様があって、4枚の羽で合わせて4つの星があるように見えます。

                      よく見ると背中は透明で、なんとおなかの中まで透き通っています!

                      春早くからみられるトンボで、このころはもう出現期の後半。

                      羽も少し破れていますが、離してやると力強く飛び立っていきました。

                       

                      トンボと笑顔!

                      次々と見つかる美しいトンボたちを前にみなさん撮影にも余念がありません。笑

                       

                      トンボ捕まえたよ!

                      子どもたちは写真よりも本物のほうがいいかな?

                      はじめはおっかなびっくりだった子も、トンボの持ち方がだんだんと様になってきましたねぇ

                       

                      ギンヤンマ

                      ちなみにカメラマンに囲まれていたのはこのギンヤンマ♂

                      身近なトンボですが、近くで見るとその体長に鮮やかな体色が相まって

                      とても美しく、またかなり迫力があります。

                      見かける機会は多いですが、飛ぶのが上手でめったに止まらないため、

                      参加者の皆さんもこんなに近くで見られて大興奮。

                      撮影しているうちに観察会もお開きの時間が近づいてきました...

                       

                       

                      センターでまとめ

                      というわけで、センターにかえって観察会のまとめです。

                      今回の観察会では合わせて19種類のトンボが見つかったことがわかりました。

                      6月〜7月は春のトンボと夏のトンボが入れ替わる時期で、年間を通しても

                      見られるトンボの種数が多い時期なんだそう。

                      講師の和田さんによると、もう少し観察ポイントを増やせば

                      25種類くらいは見つかってもおかしくないそうです。

                       

                      全国でも有数のトンボの生息地であり、観察スポットでもある中池見湿地。

                      皆さんもぜひぜひ多様なトンボたちに会いにいらしてくださいね〜

                       

                       

                       


                      | 1/113PAGES | >>