インフォメーション

ふるさと納税バナー

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

今までの記事

カテゴリー

アイシンAW工業の皆さんが、ザリガニバスターズしに来てくださいました。

0

    13日の日曜日、中池見で田んぼをしてくださっているアイシンAW工業の皆さんが、

    レクリエーションをかねて、ザリガニバスターズしに来てくださいました。

     

    樫曲駐車場からセンターまでの間で、中池見のお話をさせていただきながら、

    ところどころで、いろんな生き物を観察しながら歩きます。

    アイシンAWザリバスアイシンAWザリバス

    「落ちるぞ〜」

    お子さんが水路に落ちないように後ろから引っ張るお父さん(笑)

    お子さんが見ているのは、きれいなオオイトトンボです。

     

    アイシンAWザリバスアイシンAWザリバス

    キイトトンボも。

    シオカラトンボやチョウトンボなどにも会いながらセンターへ。

    一休み後に、わくわく山で集合写真を撮って、

    さぁ、ザリガニ獲るぞ〜!

     

    アイシンAWザリバスアイシンAWザリバス

    稲刈りのために水を抜いているので、

    田んぼの端の生き物避難用の溝を網ですくいます。

     

    アイシンAWザリバスアイシンAWザリバス

    大きいのもとれた〜!

     

    小さいものから大きいものまで、合わせて207匹駆除できました!

    ありがとうございました〜!

    アイシンAWザリバス

    アイシンさんが用意してくださったかき氷。

    同時に行っていた自然観察会の参加者のみなさんやセンターに来られた方々にも、

    一緒にふるまっていただきました〜

    暑い日に本当にありがたかったです〜!

     

    アイシンAWザリバスアイシンAWザリバス

    獲ったザリガニを生き物たちにエサやりして、大盛り上がり(笑)

    帰り際には、日光浴していたカメにも触って楽しんでいただきました。

    アイシンAW工業の皆さん、本当にご苦労様でした〜!

     

    なお、今度の日曜日は第3日曜日、定例のザリガニバスターズの日です。

    どなたでも参加いただけますので、どうぞ、皆さんご協力くださいませ!

    詳しくは、こちらへ

     

     


    RCNつるがチャンネルの「つるいち!」で自然観察会の様子が放送されます!

    0

      明日、15日(火)のRCNつるがチャンネルの

       

      「つるいち!」で13日(日)に行われた

       

      定例自然観察会「水路の生き物に会おう〜魚類編~」

       

      の様子が放送される予定です!!!

       

      中池見湿地の水路にいるお魚たちや参加者のみなさんが楽しんでいる様子

      がご覧になれますよ〜(≧▽≦)

       

      8月15日(火)、19:00からの放送予定です。

      再放送は(同日)20:00/21:00/22:00/23:00/24:00
          (翌日)7:00/8:00/9:00/10:00/11:00/12:00

      みなさんぜひご覧くださいね〜(●^o^●)♡♡

      また、ブログでも自然観察会の様子をアップしますね〜!


      自然観察会「水路の生き物に会おう〜魚類編〜」を行いました!

      0

        13日(日)、毎月第2日日曜日に行っている定例自然観察会がありました!

        今回のテーマは「水路の生き物に会おう〜魚類編〜」!

        近畿大学大学院生の岡田龍也さんを講師にお招きし、中池見の水路にいる

        生き物、特に魚類の観察を行いました。

        夏休み、お盆休みと重なっていることもあり敦賀市内だけでなく市外、

        県外からのお客さんもいらっしゃいました(●^o^●)

         

        まずは、ビジターセンターで中池見の水路にいる生き物などの

        説明を聞きました。

        水路の生き物に会おう〜魚類編〜

         

        説明後は外へ!子ども達はそれぞれ網を持って出発〜!

        水路の魚たちをすくい取り、観察しました。

        (RCNの方が取材が取材にいらっしゃっていました♪)

        網を使って水路の魚をすくい取り、観察

        網を使って水路の魚をすくい取り観察

        お父さんは網を持って待っていて、それに向かって網を動かす子!

        親子の連携でいろいろな種類の魚たちをすくい取り、観察出来ました

        (≧▽≦)

        網を使って水路の魚をすくい取り、観察

        岡田さんの説明でもあった「生き物たちが苦しまないように、

        手で長時間持たずに丁寧に扱って水の中で観察する」ということを、

        子ども達は「お魚さんたち早く水に入れないと!」

        「そろそろ逃がしてあげよう(*'▽')」など言いながらきちんと

        守っていたがところが印象的でした!

        センター前の水路ではキタノメダカやタニシ、

        ドジョウ、スジエビなどを見ることが出来ましたよ〜!

         

        後谷の水路ではたくさんのアブラボテがすくい取れ、観察出来ました!

        アブラボテやスジエビ

        アブラボテ メス 産卵管

        メスのアブラボテで黒い筋のような「産卵管」が伸びているものもいました。

        後谷の水路ではアブラボテの他にもヨシノボリやドンコなどを見ることが

        出来ました!

        中池見の水路であっても場所によって見れる生きものと見れない生き物が

        いました。魚などの生き物たちは自分たちが住みやすいところを選んで

        住んでいるんだね〜(≧▽≦)

         

        みなさん、参加していただきありがとうございました♡♡

        来月の第2日曜日の定例自然観察会は「水路の生き物に会おう〜昆虫編〜」です。

        次は中池見の水路に住んでいる昆虫に焦点を当て観察します!

        来月もぜひお越しください♪

         


        インターナショナルスクール エンカレッジのみなさんがいらっしゃいました〜!

        0

          12日(土)インターナショナルスクール エンカレッジのみなさんがサマーキャンプの

          一環として、中池見湿地にいらっしゃいました!

           

          まずはビジターセンターで中池見湿地をご説明。

          昼食後は外へ出て生きもの探しにLet's go!!!

          中池見をご紹介外に生きものを探しに行く子どもたち

          英語で書かれた生きものチェックシートに見た生きものをチェックして、絵を

          描いてくれました!他にも大きいトンボやバッタなどたくさんの虫を網で上手に捕まえて、

          観察してくれました(^−^)

          生きものを観察している姿、描いている姿は真剣そのもの!

           

          生きものを描く子どもたち描いた生きものを見せてくれた子ども

          描いた生きものを見せてくれた子ども描いた生きものを見せてくれた子ども

          描いた生きものを見せてくれた子ども描いた生きものを見せてくれた子ども

          あちこちに英語が飛び交い、普段の中池見じゃないみたい?!でした(笑)

          みんなの素敵な絵、楽しそうなお顔very greatでした〜♡

           

          子どもたちはザリガニ駆除もしてくれました!!!

          なんと116匹のザリガニを捕まえてくれたんです( ゚Д゚)!!!

          どろどろになりながらも、楽しみながらザリガニを駆除、英語と日本語で数えてくれました♪

          ザリガニ駆除ザリガニ駆除

           

          記念撮影

          最後にみんなで記念撮影!楽しさが伝わってくれでしょう〜(≧▽≦)

          みなさん、今日はありがとうございました!!!Thank you♡

          See you again!!!

           


          8月の自然観察会は、水路の中のおさかな観察です〜

          0

            今度の日曜日は、中池見の定例自然観察会です。

            今回のテーマは、水路の生き物に会おう〜魚類編〜。

            ということで、

            中池見の魚を調査研究してくださっている、

            近畿大学大学院生の岡田龍也さんを講師にお招きして、

            主に水路にいる魚たちの観察をします。

             

            田んぼの中のメダカやドジョウは、

            畦から見れば、案外簡単に見えますが、

            水路の中となると、なかなか上から見るだけではわかりません。

            何かお魚が泳いでる!って見えても、

            どんな魚なのか、良く見えなかったりします。

             

            今度の観察会では、たも網で水路の生き物をすくいとって、

            ミルソーという透明ケースに入れたりして観察します。

             

            どんな魚に会えるかな?

            ぜひ、自分の手で捕まえて観察してみてください。

            ご参加お待ちしています〜

             

            *******************************
            ◎日時:8月13日(日)10:00〜12:00(受付 9:45より)

            ◎集合:中池見人と自然のふれあいの里 ビジターセンター 

            ◎参加費:200円(小学生以下無料)
                 小学生以下の方は保護者同伴でお願いします。

            ◎持ち物:長靴、帽子・タオル・飲み物
                 汚れてもいい服装(暑さ対策を万全にお願いします)

            ◎小雨決行ですが、荒天のときは屋内プログラムを行います。

            ◎お問い合せ
            中池見人と自然のふれあいの里
            TEL 20−1110(月曜日を除く 9:00〜16:30)

             

            自然観察会のチラシ


            中池見オリジナルグッズで中池見湿地を応援しよう!!!

            0

              今年の春より少しづつですが、活動資金となるように中池見オリジナルグッズを

              中池見ビジターセンターにて販売しています!(^−^)

              中池見オリジナルグッズ

              協議会にも参加いただいている久米田さんのご協力で、中池見の織りネーム、そしてそれを

              あしらったTシャツやトートバッグなどが、中池見オリジナルグッズとして登場しました♪

              中池見オリジナルグッズを身につけて、中池見の応援をよろしくお願いしま〜す!!!

               

              ではでは、中池見オリジナルグッズをご紹介♡

              まずは、中池見織りネーム!!!

              「織りネーム」とはブランド名や図柄を刺繍で表現し、布製品などにワンポイントで

              ついている小さな布です。

              中池見織りネーム

              (右上)デンジソウとカエル、(左上)ミズアオイ、(下)中池見の断面

              各図柄1枚 500円、すべての織りネームが入ったセット 1,000円となっています。

              かわいくて、おしゃれで、中池見愛がぎゅっと詰まったデザインになっています。

              お手持ちのTシャツなどにつけてみてくださいね♡

               

              こちらは、中池見織りネームをあしらったTシャツやトートバッグたち!

              中池見の断面織りネームをあしらったTシャツミズアオイ織りネームをあしらったTシャツ

              (左)「中池見の断面」織りネームをあしらったTシャツ サイズ/S・M・L 2,600円

              (右)「ミズアオイ」織りネームをあしらったTシャツ サイズ/S・M・L 2,600円

               

              デンジソウとカエルの織りネームをあしらったTシャツ

              「デンジソウとカエル」織りネームをあしらったTシャツ サイズ/90・110・130cm 

              2,500円。こちらは子ども用になります。

               

              キャップトートバック

              (左)キャップ 2800円

              (右)トートバッグ サイズ/L 2,300円・M 2,100円・S 1,900円

               

              そして、断面プリントTシャツ!

              中池見地層Tシャツ

              中池見の豊かな自然を支える大きな器、その地形やそもそもの成り立ち、

              厚い泥炭層など、他所にはない大きな特徴を表現したTシャツとなってます!

              なかなかないデザイン、おしゃれでかっこいいよね〜〜!!!

              断面プリントTシャツ サイズ/S・M・L 2,600円

               

              中池見オリジナルグッズ中池見オリジナルグッズ

              Tシャツ、トートバック、いろんな色があるので、手に取って、鏡で合わせたりして

              自分のお気に入りのグッズを見つけてくださいね〜♡

              見てもらえるだけでもとってもうれしいので、ぜひ中池見にお越し頂いた際には、

              お気軽に中池見オリジナルグッズも見ていってください♡


              稲架場もできて、稲刈り準備進んでます。

              0

                梅雨明けしたばかりですが、

                お盆を過ぎたら間もなく稲刈り、ということで、

                稲架場の準備をしています。

                はさ場作り

                稲穂がかかっていなくても、支柱に竹が渡されるだけで、

                もう実りの秋の雰囲気が漂いますね。

                いや、めっちゃ暑いですが(笑)

                 

                ミニ田んぼ

                古民家の軒下で一休みするおじちゃんたち。

                この感じも絵になりますね〜

                手前の稲穂もすこ〜し頭が垂れてきたかな?

                 

                ミニ田んぼの草たち

                稲の足元には、いわゆる雑草が。

                キカシグサ、キクモ、コナギ、アゼトウガラシ、イボクサ、アゼナ、ヒメビシ、オモダカ、

                どれも可愛い花を咲かせます。

                でも、稲の栄養も持っていっちゃいますから、

                普通の田んぼならこんなに育ててもらえないはず、

                って、別に育てようとしているわけじゃありませんが、

                結果的に育ってますね(笑)

                 

                来園される方からは、花見るの初めて、

                こんな花がさくんだね〜といわれることも、よくあります。

                 

                稲刈りが入ってしまうと、くちゃくちゃになってしまうので、

                稲刈りの前に写真に撮りたくて、

                早く咲け〜、早く咲け〜と唱えてます(笑)

                 

                 

                 


                かわいい花にはクモがいる

                0

                  ようやく梅雨が明けました〜

                  光まぶしい夏ですね。

                   

                  暑いけれど、涼し気に咲いていて、

                  ついしゃがみ込んでみてしまう花。。。

                  セリ

                  セリ、ちっちゃな花が集まってブーケのようです。

                  ちょうど、ミズトラノオなどといっしょに、

                  あちらこちらに咲いています。

                   

                  よく見ると。。。

                  セリとハナグモ

                  草と同じトーンの緑のハナグモが。

                  セリの小さな花の上にさりげなく潜んで、

                  近づいてくる虫を待っています。

                  それにしても、きれいな色ですね〜

                   


                  生きもの探偵団2日目、結果やいかに〜、ワクワクのカゴ上げ

                  0

                    生きもの探偵団2日目は、前日仕掛けた罠の引き上げです。

                    みんなワクワクしながら、出発!

                     

                    最初の場所はどうかな〜?

                    エサは何入れたっけ?

                    『バナナと焼き豚とキャベツ!』

                    めっちゃご馳走そうやん(笑)

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    お〜、なんか入ってる!でも、カメはいない〜

                    そのかわりドンコが3匹とザリガニ2匹も入ってましたよ。

                     

                    お次は、お父さんが仕掛けた場所ですが・・・

                    生きもの探偵団

                    う〜ん、残念ながらボーズでした。。。

                    入れていた魚のあらはきれいに食べられていて、

                    この食べ方はカメじゃないなぁ、きっとスジエビだねってことです。

                     

                     

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    ここは水路、エサに死んだザリガニをいれたカゴには、

                    立派なイシガメが!

                    やった〜!といいお顔ですね〜(笑)

                     

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    同じ水路ですが、こちらのエサはリンゴとキャベツ。

                    カメは入ってませんでしたが、ザリガニが4匹にギンブナも。

                    それにしてもザリガニは本当に何でも食べるんですね。

                     

                    こうして、順番にあげていき、

                    昨日、探偵団で仕掛けた罠にかかっていたカメは、すべてイシガメのメス4匹でした。

                    カメカメの画像です(笑)

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    罠から出したら、カメの甲羅にザリガニが挟まって(笑)

                    カメがくわえているわけじゃなく、

                    むしろ、ザリガニがカメの顔を挟んでました、痛そう!

                     

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    カメゲット!

                     

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    カメ以外にもいろいろな生き物が入ってましたが、

                    ザリガニとともに多かったのがスジエビ。

                    そして、探偵団とは別に掛けていた罠には大きなナマズが!

                    このナマズは、センターで展示しています。

                    ザリバスでとれたザリガニをモリモリ食べてもらいましょう(笑)

                     

                    それから、さらに番外編で、

                    前日の探偵団が終わってから、宍倉さんたちが仕掛けた罠も見に行ってみました。

                    すると・・・

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    クサガメが入ってた〜

                    って、宍倉さんがカメを持って歩き始めた途端、

                    10mほど離れた場所にもかかわらず、

                    独特のにおいがして、思わず、クサ〜〜〜!!(笑)

                    そう、このにおいが名前の由来で、

                    クサガメは危険を感じると臭腺から臭いの液を出すんだそうです。

                     

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    クサガメ独特の模様がくっきりしてます。

                    頭デカ!(笑)

                     

                    というわけで、仕掛けた罠をすべて上げ終わり、

                    カメとザリガニ以外はその場で返して、センターに戻りました。

                    生きもの探偵団生きもの探偵団

                    取ってきたカメをみんなで観察。

                    オスメスの違いや、イシガメ、クサガメ、それぞれの体の特徴などあらためて解説してもらいました。

                    ちなみに、昨年の調査では、1度に35匹もとれたのに、

                    今回は5匹しか取れなかったことについては、

                    一つの考えですが、昨年の調査の時期は、

                    梅雨が明け晴天続きで田んぼも水がなかった時期だった、

                    でも今年はまだ梅雨も明けていないし、田んぼにたくさん水もエサもあるので、

                    水路や池から離れている、そのことが、

                    今回の数の少ない原因ではないかとのことでした。

                     

                    最後に、宍倉さんからは、在来のイシガメを守るためには、

                    外来のカメを駆除する必要がある、

                    外来のカメは人間に連れてこられて一生懸命生きているだけなので、

                    外来のカメには罪はないしかわいそうだけど駆除することになること、

                    そういうかわいそうなことにしないためにも、

                    ペットとして飼うなら、最後までちゃんと面倒をみなければいけないこと、

                    カメは寿命が長いので、そのことを考えて飼わなければならないことなど、

                    カメの飼い方も含めて、教えていただきました。

                     

                    さて、探偵団3回目は、8月26日(土)です。

                    最終回には、もう一回罠をかけてカメがどこにいるのか調べ、

                    今回のデータも合わせて、中池見のカメマップを作ります。

                    今回参加されなかった方も、ぜひ、ご参加くださいね。

                     

                    そして今回、生きもの探偵団の調査を指導してくださった、

                    宍倉さんはじめ東邦大学の加賀山さん、宮崎さん、

                    和亀保護の会の西堀智子さん、本当にありがとうございました!

                    また、記録写真の撮影に大野誠一さんにご協力いただきました、ありがとうございました。

                     

                    なお、今回の生き物探偵団、およびカメハウスの設置は、

                    日本湿地保全連合とラムサール・ネットワーク日本が、

                    共同で実施しているプロジェクトWISEより支援を受けて実施しました。


                    生きもの探偵団1日目、カメ罠を仕掛けました〜

                    0

                      今年も始まりました中池見生きもの探偵団。

                      今年のテーマ「カメ調べ」ですが、

                      初回の今日は、カメのすみかを探せ、ということで、

                      カメが棲んでいそうな場所にカメ罠を仕掛けるのがミッションです。

                       

                      生きもの探偵団宍倉慎一朗さん

                      今回お招きした名探偵は、東邦大学大学院でカメの研究をされている宍倉慎一朗さんです。

                      宍倉さんは小さい頃から生き物が大好きで、たくさんの生き物を飼っていたことや、

                      現在研究のために飼っているたくさんのカメのこと、

                      そして、今日のミッションのために必要なカメについての豆知識、

                      カメの種類や、カメの好きな場所のヒントをいろいろ教えてくれました。

                       

                      生きもの探偵団生きもの探偵団

                      センターで飼っているカメを実際に見ながら、

                      中池見にたくさんいるイシガメとクサガメの違いを教えてもらいました。

                      そして、カメ罠の仕組みや仕掛け方も解説してもらい、

                      まずは仕掛ける場所の下見をしにフィールドへ。

                       

                      生きもの探偵団生きもの探偵団

                      「隠れる草があって、好物のバッタもたくさんいるね〜」

                      「このあたりもいい感じ〜」

                      生きもの探偵団

                      誰かが見つけた穴ですが、もしや?

                      「入り口は狭いけど、中が広くなってるよ。

                      カメが卵を産もうとして掘った穴みたいだね。」

                      でも、なぜだかわからないけど、卵は産まなかったようです。

                      チビッ子探偵たちも手を入れて中が広くなっていることを確認しました。

                       

                      センターに戻って休憩しながら、

                      今見てきたところで、どこに罠を仕掛けるか作戦会議を開いて、

                      仕掛ける場所を決めました。

                      さて、いよいよ罠を仕掛けに出発!

                       

                      生きもの探偵団生きもの探偵団

                      生きもの探偵団

                      みなさんには、事前にカメのエサを考えて持ってきてもらうようにお願いしていたので、

                      それぞれに、エサを罠に入れて、投入していきます。

                      罠を引き上げるのは明日。

                      さてさて、カメは入っているかな?

                      罠を引き上げるのが楽しみですね〜〜

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       


                      | 1/127PAGES | >>