インフォメーション

ふるさと納税バナー

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

今までの記事

カテゴリー

咸新小学校親子体験活動、今年は江掘りにも挑戦!

0

    夏休みも終盤の昨日は、咸新小学校の親子体験活動で、

    中池見の保全作業を、小学生の皆さんと保護者の皆さん先生方とで取り組んでくださいました。

    高学年は江掘り、低学年はザリバス(ザリガニ駆除)にチャレンジです。

    今年の猛暑は身の危険を感じるほどのものだっただけに、コンディションが心配でしたが、

    前日から気温も下がり、爽やかな日となりました。

    咸新小親子体験江掘り咸新小親子体験江掘り

    こちらは江掘り。最初に作業スタッフから作業のやり方など説明を受けて、さっそく取り掛かります。

    江掘りは、水路に生えたヨシやマコモなどを抜くことで、水の流れをよくする作業です。

    ヨシやマコモは水路の底にしっかりと根を張っているので、横に這った根を大鎌で切って三つ鍬や手で抜きます。

    咸新小親子体験江掘り咸新小親子体験江掘り

    2・3人で協力しながら抜いてくれています。

    根っこが長〜く抜けると気持ちいいね!

     

    咸新小親子体験江掘り

    こちらは、抜いた後に水路に浮いている切れた葉を掃くように取ってくれています。

    道具によってそれぞれ作業の意味があることを教わります。

     

    一方、こちらはザリバスチームです。

    咸新小親子体験ザリバス咸新小親子体験ザリバス

    事前にしかけておいたかご罠を引き上げています。

    入ってるか〜?!

     

    咸新小親子体験ザリバス

    かご罠の中のザリガニを取り出すのに、さらに網を使うという慎重さ(笑)

    手で取れば?というおとなの声に、網で捕りたいの!と、なるほどね〜

    水路のザリガニは、場所によって網で捕るのは結構難しいのです。

     

    水路のメダカとイトトンボ

    その水路の中にはメダカが気持ちよさげに泳ぎ、イトトンボが産卵しているのがあちらこちらで見られました。

     

    咸新小親子体験ザリバス咸新小親子体験ザリバス

    こちらの水路でも網でザリガニを取ってくれています。

    捕れたよ〜!とピース。

     

    作業は1時間ほどで終わり、センターに戻りました。

    咸新小親子体験ザリバス咸新小親子体験後のかき氷

    捕れた捕れた〜!全部で74匹。ご協力ありがとうございました!

     

    PTAの皆さんが準備してくださっていたかき氷をみんなで食べてクールダウン。

    みなさん、美味しそう、嬉しそうですね。

     

    カメハウスをのぞく子どもたち

    カメハウスをのぞく子どもたち(笑)

    いつまで見てても飽きないよね。

     

    今日は本当に皆さん、頑張ってくださってありがとうございました。

    田んぼや生き物調べなど、様々な活動を中池見で行ってくださっている咸新小の皆さん、

    そして保護者の皆さんにも活動を知っていただき、一緒に取り組んでいただいたことに感謝しています。

    これからもよろしくお願いいたします!

     


    自然観察会「水の中の生き物に会おう」開催しました!

    0

      毎月第2日曜日に開催している自然観察会。今月のテーマは「水の中の生き物に会おう!」

      講師に大阪経済法科大学准教授の川瀬成吾さんを迎えて、観察会を行いました。

       

      まずはセンター二階でお話を伺います。中池見には約15種類の魚がいるそうですが、

      プロジェクターに映ったこの3種類の魚は、特に大注目の種類とのこと!

      さて、みんなつかまえられるかな?

       

      お話の後は早速、タモ網とバケツをもって後谷へ…

       

      後谷に到着したらまずは網の使い方のレクチャー。

      先が平らになったタモ網は水の中で振り回すのではなく、魚を追い込むために使うものなのだそう。

      川底にタモ網をしっかり固定したら、足を使って岸や石の裏に隠れている魚を網の中に追い込みます。

      ではでは、採集スタートです。

       

      めいめい魚のいそうな場所を探しては網を入れ、ガサガサしていきます…

      勘のいい子のバケツの中には物の数分のうちに魚の影が!

      しばらくすると、初めはなかなかうまく捕れなかった親子連れも、だんだんと魚が捕れるようになってきました。

      その後も次々と魚をゲットしていく参加者の皆さん。後谷は木影が多く、湿地の中央と比べればずっと涼しく感じられます。

      とはいえ季節はまだまだ真夏。1時間弱で採集を終えることとしました。

       

      採集の後は講師の川瀬さんが生き物の解説。

      この日一番多く捕れたアブラボテという魚は、マツカサガイなどの二枚貝の中に産卵するということなど、

      次々と飛び出す様々なお話に皆さん興味津々です。

       

      その後も、この日取れた生きものの中で最も大きい10cm以上はあろうかというドンコに触れさせてもらったり

      サワガニの雌雄の見分け方を教えて頂いたりするうちに、時間はもうお昼前。

      名残惜しいですが、今回の観察会はここで終了です。

       

      今回、観察できた魚は全部で約7種類。特に注目すると言っていた3種類のうち、メダカ以外の2種も採集することができ、

      暑い中ではありましたが。とても楽しい観察会となりました。

       


      思わず声をあげてしまいました。

      0

        こんにちは!浅利です。

        皆さんこの生き物をご存知でしょうか。

        知る人ぞ知るこの生き物、その名をマメイタイセキグモと言います。

        マメイタとはお菓子の豆板のことで、腹部がごつごつしていることからマメイタとつきました。

        イセキは人の名前です。

        マメイタイセキグモ

         

        これを見つけた時は「これはきた!」と大きな声を上げてしまいました。

        マメイタイセキグモは福井県初確認のクモで、日本海側の北限となります。

        以前ムツトゲイセキグモを紹介したことがありますが、それの親戚で、子のクモも投げ縄を行います。

         

        マメイタイセキグモ

         

        こうやってみると本当に葉についたゴミのようにみえますね!


        8月の自然観察会は「水の中の生き物に会おう」

        0

          今週末の日曜日12日は、中池見の定例自然観察会です。

          今回のテーマは、「水の中の生き物に会おう」

          今年は、7月初めの大雨以来、

          1か月近くも雨が降らずで心配でしたが、

          昨日、今日と雨が降り、ちょっとホッとしています。

           

          雨の中の案山子

          雨の中の案山子くん

           

          が、二つの台風の影響も心配です。

          雨は嬉しいけれども、観察会の時はできれば降らないで欲しい、でもカンカン照りもやめてほしい、できれば北風の吹く曇りだったらいいなぁとか、本当に勝手なことを考えていて神様に怒られそうです(笑)

           

          いずれにしても自然観察会はいつもどおり小雨決行で、雨風の様子を見ながらたも網を持ってできるだけ外に出ますし、天候が悪ければ、センターの中で展示している魚類などを観ながら解説いただきます。ぜひぜひご参加くださいませ。

          なお、今回の観察会の講師につきまして、都合により急遽変更となりましたのでご案内いたします。

          近畿大学の森田圭吾さんに代わり、大阪経済法科大学特任准教授の川瀬成吾先生がお越しくださることになりました。

           

          自然観察会のご案内


          *******************************
          ◎日時:8月12日(日)10:00〜12:00(受付 9:45より)

          ◎集合:中池見人と自然のふれあいの里 ビジターセンター 

          ◎参加費:200円(小学生以下無料)
          小学生以下の方は保護者同伴でお願いします。

          ◎持ち物:長靴、帽子・タオル・飲み物・雨具
          汚れてもいい服装(暑さ対策を万全にお願いします)

          ◎小雨決行ですが、荒天のときは屋内プログラムを行います。

          ◎お問い合せ
          中池見人と自然のふれあいの里
          TEL 20−1110(月曜日を除く 9:00〜16:30)


           


          ミニ田んぼに案山子(かかし)ができました!めっちゃラブリーです(笑)

          0

            ご報告がちょっと後回しになっちゃいましたが、

            8月4日の午後から、

            ミニ田んぼサポーターさんたちと案山子づくりをしました。

             

            ミニ田んぼの案山子づくりミニ田んぼの案山子づくり

            前日に地元スタッフのおじちゃんたちにお手本を作ってもらってたのを、

            当日、身ぐるみ剥いで(笑)体のつくりを確認してからの作業です。

            と言いながら、子どもたちは何か見つけた風(笑)

             

            ミニ田んぼの案山子づくりミニ田んぼの案山子づくり

            前日にT字の骨格(笑)を作っておいてもらっていたので、

            からだチームがそこに藁などで肉付けしていきます。

             

            ミニ田んぼの案山子づくりミニ田んぼの案山子づくり

            こちらは頭チーム。

            めっちゃカワイイ顔にできてます〜

             

            ミニ田んぼの案山子づくりミニ田んぼの案山子づくり

            体チームの素晴らしいコンビネーションでサクサクと出来上がっていきます。

            あまりの手際よさに、案山子作ったことあるんですか?と聞きましたら、

            いえいえ、藁に触るのも初めてです〜〜って、マジですか!(笑)

             

            ミニ田んぼの案山子づくりミニ田んぼの案山子づくり

            顔チームは、おにいちゃんがピンクのほっぺなどを足して、出来上がり!

            いいんじゃない?

             

            ミニ田んぼの案山子づくりミニ田んぼの案山子づくり

            チビッ子たちが自主的に落ちた藁を掃除してくれてる、ありがとうね〜!

            下半身がやっぱりいるよねってことで、カッパをはかせて体のできあがり。

             

            ミニ田んぼの案山子づくりミニ田んぼの案山子づくり

            合体!

            いいやん〜〜!首のところにスカーフを巻いたりして、つなぎ目を自然な形にします。

             

            ミニ田んぼの案山子づくり

            パパが麦わら帽子をかぶせてくれて、完成です!

            さて、田んぼに持って行こう〜〜

             

            ミニ田んぼの案山子づくりミニ田んぼの案山子づくり

            ミニ田んぼでは、RCN島ちゃんがカケヤ(木槌)を持ってスタンバイ。

            杭を打って、そこに案山子をくくりつけて完了です。

             

            ミニ田んぼの案山子づくり

            ミニ田んぼトリオ!(笑)

             

            ミニ田んぼの案山子づくり

            みんなで案山子を囲んでポーズ!!

            ミニ田んぼの案山子づくり

            初めての案山子づくりでしたが、

            何だかワイワイ言うてる間に、あっという間に出来上がった感じです。

            いや、楽しかったし、出来上がった案山子は、茅葺きの古民家とあいまって、

            田んぼにいい味出してくれてます。

            案山子さん、案山子さん、どうぞ、おいしいお米ができますように!

            皆さんも、ミニ田んぼの案山子に会いに来てくださいね〜

             

            なお、案山子づくりをするにあたって、案山子に着せたり肉付けするための服などのご提供いただきました皆様、本当にありがとうございました〜!

             

             

             

             


            生きもの探偵団のカメ調べ、からの生き物探しが楽しすぎ(笑)

            0

              5日の日曜日、今年も生き物探偵団のカメ調べを行いました。

              講師は、昨年に引き続き宍倉慎一朗さん(松戸市立松戸高校講師)。

              とにかく暑いので、少しでも早い時間にフィールド活動しましょうと、

              前日のうちに仕掛けておいた罠を引き上げに出かけました。

              生きもの探偵団

              毎回この池から始めていますが、今年はどうかな?

               

              生きもの探偵団生きもの探偵団

              残念!カメは入ってなかった〜

              けど、ザリガニはゲット!

               

              生きもの探偵団生きもの探偵団

              水路に仕掛けてあった罠にイシガメが入っていました。

               

              カメのナンバリング生きもの探偵団

              以前に捕獲されて個体識別のためのナンバリングをされたものもいました。

              カメのナンバリングは、甲羅の端に穴を開け、その位置で数字を読み取ります。

              (詳しくは、和亀保護の会のサイト内、「個体識別」のページにわかりやすく書かれていますので、ぜひお読みいただければと思います。)

              そして、かご罠の中にはタニシの蓋もありましたよ。カメがタニシを食べた跡だそうです。

               

              生きもの探偵団生きもの探偵団

              中江の水路にかけた罠には、もう上から見ただけでザリガニがごっそり入っているのがわかります。

              3つかけた罠のうち、2つはザリガニばかりでしたが、

              最後に見た罠には、大小2体のイシガメが入っていました〜

              生きもの探偵団

              ちっちゃい方のカメの首が伸びる伸びる(笑)

               

              生きもの探偵団

              やったね!カメをもってパチリ!

               

              さて、危険な暑さなのでシボラ道の木陰へ。

              休んでいると、参加されていたお父さんが産卵しているトンボを見つけました。

              ヤブヤンマの産卵

              ヤブヤンマです。

              きれいなトンボの産卵にテンションが上がる皆さん。

              木陰で一気に体が楽になったこともあり、

              シボラ道沿いでの生き物探しに夢中です(笑)

              生きもの探偵団

              カナヘビやアカガエルなどを見つけては追いかける、追いかける(笑)

               

              生きもの探偵団

              カメ調べだったことを忘れたかのように(忘れてはいません(笑))、

              いろいろな生き物を見つけては追いかけ、おとなは写真を撮り、

              ワイワイ元気にセンターに戻りました。

              生きもの探偵団生きもの探偵団

              センターでは、今回捕れた場所をマップにシールで貼り、カメマップを作りました。

              また、宍倉さんからあらためて、イシガメとクサガメの違いや、

              中池見だけでなく全国で困った問題となっている雑種の問題、

              そして、カメの飼い方などのお話を伺いました。

               

              ちなみに今回、この生き物探偵団に先駆けて、
              2日前から調査をしてくださっていた和亀保護の会の西堀さんたちによると、

              クサガメや交雑カメが思ったより少なかったとのこと。

              少なくとも、この日探偵団があげた罠には、イシガメしかかからなかったので、

              少しほっとしました。

              これからもカメ調べを続けて、クサガメや交雑カメの隔離を進め、イシガメを守りたいと思います。

               

              猛暑にもかかわらず、カメ調べに参加してくださった皆さん、

              そして、指導してくださった宍倉さん、

              サポートしてくださった西堀さん、多田さん、東邦大学の加賀山さん、

              本当にありがとうございました!

               

               

               

               


              ピカピカの標本できました!アクリル樹脂標本づくり2日目。

              0

                今日は、アクリル樹脂標本づくりの2日目。

                先週、採った虫を乾燥させ、アクリル樹脂に封入したところまでがんばりましたが、

                今日はその仕上げ。

                封入した樹脂標本を、ひたすら削る、磨く。。。

                 

                というわけで・・・

                アクリル樹脂標本づくり2日目

                皆さん、熱心に磨き中。

                 

                アクリル樹脂標本づくり2日目アクリル樹脂標本づくり2日目

                めっちゃ高速磨き!

                 

                アクリル樹脂標本づくり2日目アクリル樹脂標本づくり2日目

                思った以上に疲れるので、休み休み、交代できる人は交代しながら磨きます。

                 

                アクリル樹脂標本づくり2日目アクリル樹脂標本づくり2日目

                だいぶ磨けて来たら、顕微鏡で標本を観てみます。

                標本がとても観察しやすいね。

                 

                アクリル樹脂標本づくり2日目

                それでは、みんなが作った標本全部、並べて見せてもらおうね。

                 

                アクリル樹脂標本づくり2日目

                おお〜、どれもピカピカに磨かれて、

                とってもきれいですね〜〜スゴイ!

                それに裏も表もじっくり観察できるし、

                気軽に持ち運べるから、フィールドに持って出て、

                似た生き物と比べてみるなんてこともできますね。

                 

                最後に、おうちで作る時の作り方や材料、注意点など、

                皆さんからの質問にお答えして終了となりました。

                 

                残りの夏休みで、

                ぜひ、おうちでもアクリル樹脂標本作ってみてくださいね。


                田んぼ周りにミズトラノオが咲き始めました。

                0

                  7月の大雨以来、先日の台風でもほとんど雨が降らず、

                  道端のススキは葉をギュッと閉じて、ツンツンの、

                  まるで剣山のような姿をしているものもあります。

                  ススキ

                   

                  そんな中、田んぼもずいぶん水が減ってはいるものの、

                  それでも元気な夏の花たちが咲き始めています。

                  中池見の夏といえば、ミズトラノオ。

                   

                  ミズトラノオ

                  シーズン初めのせいか、まだ花穂も短いですが、

                  薄紫の花を付けています。

                   

                  オモダカ

                  田んぼの実り始めた稲穂と並んで咲いているのは、オモダカ。

                  立派な強害草(稲の育ちを悪くする雑草)なので、

                  基本的には採ってもらっていますが、

                  こうして、ちゃっかり残って咲いているのを見ると、

                  これはこれで愛でて上げたくなりますね。

                   

                  それにしても、よく見ると、ミズトラノオの近くにはカマキリが、

                  オモダカの花にはハナグモが控えてます。

                  花ばかりに気を取られると、

                  パクっとやられちゃうってことですね、厳しいなぁ〜

                  っていうか、暑いのに元気だなぁ(笑)


                  アクリル樹脂標本づくり1日目、まずは標本にするものを捕ろう!

                  0

                    中池見の夏休み企画、

                    アクリル樹脂標本づくり1日目の今日は、

                    まず、標本にするものを捕りに行こう!ということで、

                    虫取り網やたも網を持って皆さん外に・・・

                     

                    昆虫採集昆虫採集

                    田んぼの周りに行くと、みんな、カエル!カエルがいっぱい!って大騒ぎ(笑)

                    でも、カエルは水分が多く(苦笑)、今日作るには時間が足りないということで、

                    カエルはやめてね、芋虫以外の虫にしようね〜っと(笑)

                     

                    ヒメギス昆虫採集

                    捕れた!って見せてくれたのは、ヒメギス。

                    黒々としてカッコイイね!

                    田んぼの泥をガサしていた人は、

                    ヤゴやヒメガムシなどが網に入ったのを見せてくれました。

                     

                    昆虫採集

                    シオカラトンボやチョウトンボがいっぱい捕れたね!

                     

                    捕れたものの中から、今日使う容器に入るサイズかどうかを確認して、

                    入るサイズのものから好きなものを選んでエタノールにつけます。

                     

                    キイトトンボ

                    色が鮮やかなキイトトンボ。

                     

                    エタノールにつけて動かなくなったものを、乾燥器で乾燥させて、

                    1層目の樹脂を入れた容器に好きなようにレイアウトします。

                    封入封入

                    レイアウトしたものに、2層目の液を気泡が入らないように入れて、

                    再び乾燥機の中へ。。。

                     

                    さらに、3層めの樹脂を入れて、完全に封入できました。

                    ここで今日の作業は終了です。

                     

                    さ〜て、次回までにどうなっているかな?ドキドキしますね。

                     

                     

                     


                    今週末、来週末の中池見イベント情報!アクリル樹脂標本づくりと生きもの探偵団

                    0

                      今週末の28日は、アクリル樹脂標本作りの1日目。

                      まだ、空きがありますのでご案内します。

                       

                      標本といえば、形を整えて乾燥させて台紙に貼り付けてあるイメージですが、

                      少なくとも、外に持ち歩いたりはできない、扱いに気を使う物ですよね。

                      アクリル樹脂標本は、持ち歩くこともできて、裏向きにひっくり返して見ることもできるし、

                      生きものを360℃どこからでも観察できる楽しみがあります。

                       

                      お試しに作ってみたタマムシのアクリル樹脂標本。

                      タマムシのアクリル標本オモテ

                      タマムシのアクリル標本ウラ

                      タマムシはオモテもウラもタマムシ色なんですね〜

                      そもそも、虫とか怖い人でも、気軽に持てるっていいですよね(笑)

                      アクリル樹脂標本は、樹脂を固めたり磨いたりの工程に時間がかかりますので、

                      2日に分けて行います。

                      ぜひ、興味のある方はチャレンジしてみてくださいね。

                       

                      ◎アクリル樹脂標本づくり(全2回)
                      7/28(土)10時〜12時 昆虫や植物を一つ選んで樹脂に封入します。
                      8/4(土)10時〜12時 固まった樹脂を磨いて仕上げます。
                      ※2回とも参加してください。
                      対象 小中学生※小学3年生以下は保護者同伴
                      定員 15人(要申込み、先着順)
                      参加費 1000円(材料費込み、2回分)

                       

                      そして、なかいけみ生きもの探偵団も現在参加者募集中です。

                      カメ調べは、今回で3年目。

                      過去2年分の記録もあわせて、カメマップを作ります。

                      夏休みの自由研究としても、ぜひご参加くださいませ!

                       

                      カメハウスのカメ

                      1回目のカメ調べがきっかけでできたカメハウスとその住人ならぬ住亀(笑)

                      この酷暑にもめげず元気です。

                      最近は、近くで人の声がすると愛想よく顔をのぞかせてくれたりして、

                      案外ファンも増えてます(笑)

                       

                      ◎なかいけみ生きもの探偵団

                      8/5(日)9時〜12時

                      探偵団のカメ調べも、今年で3年目になりました。カメの足跡を探したり、
                      ワナで捕まえたカメの種類や大きさを調べて、中池見のカメマップを作ります。

                      対象 小中学生※小学3年生以下は保護者同伴
                      定員 15人(要申込み、先着順)
                      参加費 500円

                       

                      お問い合わせ

                      中池見人と自然のふれあいの里  TEL 0770-20-1110

                       


                      | 1/142PAGES | >>