インフォメーション

ふるさと納税バナー

ピザ焼き体験、お花見ウォーキングのお申込はお早めに!

春祭りバナー

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

今までの記事

カテゴリー

いよいよここまで来た、ミツガシワがピンチ!です。

0

    雪のなかった昨年に比べれば、少し遅めではありますが、

    うっすら、ふわっと、湿地に緑のベールがかかってきました。

    堀切の様子サワオグルマ

    日当たりの良い場所では、気の早いサワオグルマが咲いています。

    これくらいの時期、何より楽しみなのは、氷河期の生き残りの植物、

    ミツガシワの白い花です。

    ところが、ここ数年、ニホンジカが周辺に増えたと感じるのと同時に、

    ミツガシワの茎が折れて浮かんでいるのを、

    水路沿いにみかけるようになりました。

    それでも、水深のあるテーブル根木の池までは来ないようで、

    唯一、ここだけはミツガシワ安住の場所と思っていたのですが、

    今年は、どうしたことか、伸びてこない。

    よく見ると、ことごとく折られた痕が。。。

    今年のミツガシワ3年前のミツガシワ

    左は、今年の池。右は、3年前の同じ日。

    根や茎の下の方が水の中にあるミツガシワは、

    あまり気候の変化に動じることなく、毎年ほぼ同じペースで伸びてきますから、

    これはもう、まちがいなく食害にあっていると思い、

    赤外線カメラを設置していただきました。

    すると・・・

    シカが来てる

    やっぱり。。。

    イノシシよけの電気柵なんか、シカには何の効果もなく、
    このカメラには、少なくとも2頭は映っていました。

    動画を見ると、本当にむしゃむしゃと、

    しっかり顔を水の中に突っ込んで食べてました。。。(泣)

    美味しいんやな・・・(苦笑)

    わかるけど、このままでは今年花を見ることはできないかもと、

    とにかく、夜はシートで覆うことにしました。

     

    シートで防御やっと咲いたミツガシワ

    すると、何とかギリギリ阻止できているようで、

    数日の間に、ぐぐっと伸びてきてくれました。

     

    そして、食べ残しで残っていたような水面ぎりぎりにあった蕾が咲きました。

    やっと咲いたミツガシワ

    花の周りの水中には、折れた茎があちこちに見えますが、

    何とか、この後無事に過ごすことができれば、

    これから伸びてきて、ピンクの蕾ときれいな白い花をつけてくれることでしょう。

    それにしても、増えたシカは周囲の山の様子もずいぶん変えています。

    対策が急がれるのですが。。。

     


    姿はなくとも、元気に頑張ってるのはわかります、カヤネズミ調査終了。

    0
      秋のカヤネズミ調査が終わり、
      今年もたくさんのカヤネズミの巣に出会って、
      ホッとしているところです。

      カヤネズミは、日本で一番小さいネズミで、
      草地でしか生きられない動物です。
      「湿地」もそうですが、
      「草地」も、現代の人間活動から見ると、
      役に立たない土地と思われがちで、
      気がつけば、いつのまにか開発されたりして失われつつある場所です。
      なので、その生活環境である草地の減少に伴って、
      このカヤネズミも全国的には、姿を消しつつあると言われています。

      けれど、もともと日本では草を上手に利用して生活していました。
      茅葺きの屋根、籠や笠を編んだり、畑の肥料にしたり、
      雅楽で使われる篳篥(ひちりき)のリードにあたる部分もそうですし、
      「草地」は放っておかれる場所ではなく、
      人が手を入れて維持してきた場所なのです。
      そういう意味では、カヤネズミも水田雑草などと同じように、
      人の営みに近い場所に棲む生き物でもあるのです。

      カヤネズミの巣 
      さて、これは、マコモで作られた巣です。

      カヤネズミの巣
      アップで見るとこんな感じ。
      草を細かく割いて編んで作っています。
      すごいでしょう?
      この巣はまだ草の緑が残っているので、
      そんなに古い巣ではなさそうです。
      もう使っていないかもしれませんが、
      臆病なネズミに負担をかけないように、
      手で触ることはもちろんのこと、
      周囲の草も極力荒らさないように気を付けます。

      カヤネズミの巣
      こちらは、ススキで作った巣。
      先ほどのマコモが高さ50~60僂覆里紡个靴董
      この大きなススキでは高さ120cmくらいの高い場所に作られています。

      カヤネズミの巣
      こちらは、マコモをメインにして、サンカクイなども割いて使っていました。
      けっこう苦心していますね〜(笑)
      しかも、下は水浸し。
      でも、カヤネズミは基本、草伝いに移動し地面にはおりないので、
      中池見では水路や池の端にも、作っています。
      たくましいようですが、天敵も多く、寿命も野生のものでは半年〜1年と言われていて、
      とても儚い生き物でもあります。
      なので、もし環境が失われれば、あっという間に地域から消えてしまうことは、
      容易に想像できます。
      これ以上、カヤネズミなど草地の生き物たちの棲む環境が減らないでほしいと、
      切に願いながらの調査です。

      ところで、この調査が終了し、山際を歩いていたところ、
      いっしょに調査をしていたTさんが、土手面にノネズミを見つけました。
      しかも、何匹もいて、私たちに気づいてあたふたと土手を上がったり、
      草の中に隠れたりしています。

      でもね・・・
      ノネズミ
      こんな感じ(笑)

      ノネズミ
      こっちも!(笑)

      頭隠して・・・ってのは、この子たちのこと?(笑)
      でも、私たち、偶然動いているのを見つけたからこの姿を追えましたけれど、
      ちょっと目を離すと、どこにいるのかさっぱりわからなくなりました。
      それくらい、土手面に馴染んでいて、
      だから、逃げずに隠れてやり過ごす作戦を取ったんだろうなぁって思います(笑)

      このノネズミが、何ネズミなのかは、残念ながらわからないので、
      (カヤネズミではなさそうな気がします・・・)
      近いうちに、詳しい方に伺ってみようと思ってますが、
      それにしても、カワイイ!!(笑)
      がんばった調査のごほうびかな?


      夜のセンター前のイノシシ

      0
        すでにお知らせしているように、センター前は、イノシシの掘り返しで見るも無残に
        荒らされています。

        8月下旬から、ほぼ毎日夜間の見回りをし、イノシシに遭遇すること7割以上、
        親に吠えられることも3回ありました。

        イノシシは深山から降りてくる親子と蛇谷方面に潜んでいる親子、七曲方面から
        出てくるオスと思われる個体などなど、何グループかあるようで、
        ニホンジカも勝屋谷から降りてきていました。

        センター前に投光器を2台設置し、ビデオカメラを一晩回し続けて、
        掘り返しの実態を探れるか試しました。

        月明かりのある夜だったので、カメラの点検をしている午後7時頃に、
        すでに子イノシシが3頭やってきていました。

        親は闇の中に潜んでいる感じでビデオカメラの電源を入れてその場を離れ、
        次の日にビデオをチェックしました。

        すると、0時すぎに、子イノシシが1頭、また1頭と3頭やってきました。

        ビデオカメラのNIGHT SHOTという夜間用の撮影モードで、焦点が手前に
        合っているので、ピンボケの画像です。

        最初の1頭、奥からこちらに向かってきました

        次の2頭目、これも奥から畦を歩いてきました

        少し小振りな3頭目

        親は、警戒心が強く、画面には写っていませんが、
        午前2時半すぎ、ようやく投光器の光の届くところに姿を見せました。

        親と一緒にさらに小さい子イノシシがもう1頭、合わせて4頭です。

        4本の足で踏ん張って、鼻先を地面の中に突っ込んで
        思い切り土地を放り上げます。

        2時間ほどあたりを掘り返して、親は北側に戻っていきました。

        しかし子イノシシは、親がいなくなった後も、センター前で朝までずっと
        掘り返していました。

        稲刈りはなんとか終わりましたが、今後も、毎晩のように畦や水路沿いが
        イノシシによって破壊されることが心配されます。

        いろいろ試していますが、抜本的な対策がないのが、悩みどころです。



        これだけのいいお天気、ヒトもイタチも浮かれがち(笑)

        0
          全国的に快晴の今日です。
          中池見でも雲一つない青空にすぐにでも外に出たいところ、
          しかし、ツルッツルの路面。
          放射冷却でめっちゃ寒い朝です。

          ぼちぼちアカガエルの声でも聞こえんかしらと、
          午後、江尻に向けて出かけました。
          歩くには、いちいちずぼずぼとはまる、
          しんどいコンディションの雪ですが、
          除雪機の活躍で、ずいぶん歩きやすくなっています。

          雪景色 
          雪がないと気が付かない水道です。
          深山側からの湧き水が湿地に入っている様子がわかります。

          と、突然、いっしょに歩いていた田代さんが、
          あれ!あれ!と、声をひそめて指さします。

          ???
          !!!

          え?うそ、こっちにくる?
          と、思ったら、向こうも気が付いたようで、
          急ブレーキ&方向転換          (画像大きくなります。)
          イタチ
          山側の笹藪の中に入っていきました。

          でも、笹薮の中、道からすぐのところを、
          こちらに向かって移動しているのがわかります。

          そして、私たちを追い越して・・・
          イタチ
          出てきた!!
          と、またひるがえって、笹薮の中に消えていきました。

          構えていたのに、ちょっとが遠くてピンボケです、残念!(笑)
          イタチ

          いいお天気に誘われて、大サービスのイタチくんでした。
          今度はちゃんと顔が撮りたいなぁ!



          ミニ田んぼのイネに、カヤネズミの巣を発見。

          0
            センター前のミニ田んぼの中の植物を調査していたら、
            カヤネズミの巣がありました。

            あらら〜、こんなところに来てたのね〜。
            まだまだ緑の残る新しい巣です。

            ネズミというと、悪さをするイメージがあるかもしれませんが、
            カヤネズミは、草原の中でだけ暮らし、家の中に入ってきたりすることはありません。
            イネ科の大きな植物を使って、手と口をうまく使って葉を裂き、
            裂いた葉を編みこんで丸い巣を作ります。

            イネが大きくなる時期の田んぼに、このように巣を作ることもありますが、
            食べるお米はほんのわずか(なんせ日本一ちっちゃいネズミなので)、
            害虫を食べてくれたりもするので、イネに優しい生き物ともいえます。
            地方によっては、豊作のしるしとして、
            稲で作った巣を神棚に飾ったりもするそうですよ。
            カヤネズミの巣 

            巣の作り方は荒めだし、巣自体が小さいので、
            ちょっと休憩用に作ったのかな?という感じです。
            イネだけでなく、その周囲にあったイの仲間なども利用しています。
            カヤネズミの巣
            それにしても、上手に裂いて作ってますよね〜
            いつ見ても感心してしまいます。



            ウリ坊よりちょっと大きな、少年イノシシ現る!

            0

              雪が消えて、土が見えたら、
              猛烈に腹減って腹減って・・・って感じなんでしょうか。

              センター近くの木道下に、
              ウリ坊よりももうちょっと大き目のイノシシが現れ、
              わき目もふらず、掘りまくっています。

              (画像大きくなります)
              イノシシ


              イノシシが掘ったあとのおこぼれ狙いでしょう。
              カラスが抜け目ない感じで、後をついていきます。

              イノシシ


              センターから見ていたこちらの気配に気づき、
              ようやく逃げていきましたが、
              その痕を見てみると、こんな感じ。
              小さいからだでも、相当の馬力、いや猪力(苦笑)、です。

              イノシシ掘り痕



              エサを求めて?サル、現る!

              0
                センターから何気なく外を見ていたら、
                あ、サルだ〜〜
                スタッフNさんが発見。

                そういえば、さっき来られていたお客さんが、
                天筒山でサルに会ったから、
                携帯で写真を撮ろうとしたけど、逃げないんだよって言ってたそう。

                各地でサルの集団による被害などを聞きますが、
                ここでは、以前から一匹だけ見かけています。

                サル
                 

                それから、しばらく後のこと、
                事務所で、ふと窓の外を見ると・・・

                サル

                窓の外、すぐのところをサルが歩いていきます。
                画像下の黒い部分は、窓枠です。
                一瞬目が合いましたが、すぐに、斜面の上の方にゆっくりと歩いていきました。

                腹減ってそうやし、エサやろうさと、館長。
                人に慣れるとかえって危ないですから、やめて下さいね〜と、お願いして、
                でも、気持ちはわかります。
                今年は木の実が多くて、食べ物はありそうですが、
                一匹で歩いているのを見ると、なんとなく後姿も寂しげで・・・(苦笑)

                ただ、お客さんのお話でも、人を見ても逃げないようですから、
                ちょっと心配ですね。


                カヤネズミは子育てチュウ、巣をみつけてもそっとしておいてね。

                0

                  湿地の草原の中、よく見ると草のかたまりが見えます。

                  (画像大きくなります)
                  カヤネズミ 

                  ただ、草がごそっと集まっているだけでなく、
                  よく見ると・・・

                  カヤネズミ

                  草が細かく裂かれて編んだ手毬のような形です。
                  鳥の巣?と思われるかもしれませんが、
                  実は、これはカヤネズミの巣。
                  カヤネズミは、日本で一番小さなネズミ、
                  人の親指ほどの大きさに長い尾がついている、
                  体重は7グラムほど、500円玉と同じくらいの重さしかありません。

                  カヤネズミ


                  カヤネズミという名前のとおり、
                  このネズミは、ススキやヨシ、オギなどのカヤ原に暮らすネズミで、
                  家に入ってきたり、畑を荒らしたりというネズミではありません。
                  でも、残念な事に、カヤネズミが暮らすカヤ原は、
                  どんどんなくなりつつあります。
                  あまりにも身近な生き物なので、
                  気がついたら絶滅危惧種になっていたメダカのように、
                  カヤネズミも気がついたらいなくなっていた、
                  そんな事にならないか心配しています。

                  そんな中にあって、中池見のように広い草原がある場所は、
                  カヤネズミにとっては暮らしやすい場所といえます。
                  でも、今年は整備工事のために、冬越しの場所が相当失われてしまって、
                  どれほどのカヤネズミが生き残れるのかと、とても心配です。

                  全域保全のために行った整備ですので、
                  まわりまわってカヤネズミのためにも、いい環境になるはずですが、
                  今年に限って言えば、厳しい厳しい冬を迎えることになります。
                  何とか少しでも多くのカヤネズミが冬越しができるように、
                  急ごしらえにはなりますが、冬越しの場所を作ってあげたいと思っています。

                  そんな厳しい冬が来るのを前に、今、カヤネズミは子育て中です。
                  カヤネズミはとってもデリケート。
                  驚かせると子育てを放棄してしまうこともあります。
                  もしも、巣を見つけても、巣に近寄ったり触ったりはしないでくださいね。

                  カヤネズミについて、
                  詳しくは、全国カヤネズミネットワークのHPをご覧下さい。




                  | 1/1PAGES |