インフォメーション

ふるさと納税バナー

中池見の秋祭り

秋祭りバナー

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

今までの記事

カテゴリー

生きもの探偵団3 たくさんのカメに会えました!

0

    ちょっと遅くなりましたが、

    8月26日の生き物探偵団3のご報告です。

     

    今回の講師"名探偵”は、前回にもサポートで来てくださっていた、
    和亀保護の会代表の西堀智子さん。
     

    西堀智子さん生きもの探偵団

    前回の復習も兼ねて、簡単なレクチャーの後、さっそく外へ。

     

    7月末に行った生き物探偵団では、
    昨年行った捕獲調査とほぼ同じ場所にカメ罠を仕掛けましたが、
    今回は、カメマップ作りのために、
    これまで掛けたことがない場所にも罠を仕掛けてみました。

    ということで、まずは、後谷へ。

     

    生きもの探偵団生きもの探偵団

    何か入ってるけど・・・

    カメじゃなくて、カニや〜!

    しかも大きなモクズガニが3匹も!

     

    生きもの探偵団生きもの探偵団

    つづいての江尻の水路には、イシガメが入ってましたよ。

     

    生きもの探偵団生きもの探偵団

    移動中、スタッフの藤野君が何か見つけました。

    みんなの足が止まって、ナニナニ?

    チビヒキガエルや〜〜

    かわいいね!

    ヒキガエルは飛ばずに歩くんだよって話してたら、

    手からピョーン(笑)

    まぁ、逃げたかったら飛ぶよね〜などと言いながら、

    次は、クモクモ仙人の泉へ。

     

    生きもの探偵団生きもの探偵団

    残念ながら、ここには何にもいなかったけれど、

    せっかくなので、湧き水で手や顔を洗って一休み。

    おとなもこどもも冷たい水のおかげで、生き返りました。

     

    生きもの探偵団生きもの探偵団

    研究田から今度は中江、そして、笹鼻の池へ。

    途中、道端にはミソハギがきれいに咲いていました。

     

    生きもの探偵団生きもの探偵団

    前回もカメがいた場所には、今回もたくさん入っていました。
    みんな、神ってる〜じゃなくて、カメってる〜〜って(笑)

     

    生きもの探偵団

    甲羅に入った線がきれいなイシガメ。

    この年輪のような線を数えてカメの年をみるそうです。

     

    生きもの探偵団生きもの探偵団

    捕獲したカメは、すべていったんセンターに持ち帰り、

    ナンバリングと計測をします。

    持ち帰るために使うのは、洗濯ネット。

    でも、洗濯ネットに入りながらも、逃げようとする元気なカメ(笑)

    たくさんとれたカメといっしょに写真を撮りましょうということで、カメ選び。

    さて、みんな持ったかなぁ〜

    では、いつものように、ナ・カ・イ・ケ・ミ!!(笑)

    生きもの探偵団

    皆さん、いいお顔をありがとうございました!

     

    この後、センターに戻って、今回カメのいた場所をまとめ、

    西堀さんから、あらためてカメの交雑問題について、

    子どもたちにもわかりやすく解説していただきました。

    そのうえで、カメはとても飼いやすくかわいい生き物ではあるけれど、

    カメに限らず、生き物を飼う時には、責任を持って飼うこと、

    カメを飼う時のポイントや工夫などを教えていただきました。

     

    なお、この日探偵団として捕獲したカメは全部で16匹。

    その後、罠を回収しながらあと2匹捕獲して18匹になりました。

    このうち1匹がクサガメ、2匹が交雑カメ。

    この3匹は、現在カメハウスの住人になっています。

     


    生きもの探偵団2日目、結果やいかに〜、ワクワクのカゴ上げ

    0

      生きもの探偵団2日目は、前日仕掛けた罠の引き上げです。

      みんなワクワクしながら、出発!

       

      最初の場所はどうかな〜?

      エサは何入れたっけ?

      『バナナと焼き豚とキャベツ!』

      めっちゃご馳走そうやん(笑)

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      お〜、なんか入ってる!でも、カメはいない〜

      そのかわりドンコが3匹とザリガニ2匹も入ってましたよ。

       

      お次は、お父さんが仕掛けた場所ですが・・・

      生きもの探偵団

      う〜ん、残念ながらボーズでした。。。

      入れていた魚のあらはきれいに食べられていて、

      この食べ方はカメじゃないなぁ、きっとスジエビだねってことです。

       

       

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      ここは水路、エサに死んだザリガニをいれたカゴには、

      立派なイシガメが!

      やった〜!といいお顔ですね〜(笑)

       

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      同じ水路ですが、こちらのエサはリンゴとキャベツ。

      カメは入ってませんでしたが、ザリガニが4匹にギンブナも。

      それにしてもザリガニは本当に何でも食べるんですね。

       

      こうして、順番にあげていき、

      昨日、探偵団で仕掛けた罠にかかっていたカメは、すべてイシガメのメス4匹でした。

      カメカメの画像です(笑)

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      罠から出したら、カメの甲羅にザリガニが挟まって(笑)

      カメがくわえているわけじゃなく、

      むしろ、ザリガニがカメの顔を挟んでました、痛そう!

       

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      カメゲット!

       

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      カメ以外にもいろいろな生き物が入ってましたが、

      ザリガニとともに多かったのがスジエビ。

      そして、探偵団とは別に掛けていた罠には大きなナマズが!

      このナマズは、センターで展示しています。

      ザリバスでとれたザリガニをモリモリ食べてもらいましょう(笑)

       

      それから、さらに番外編で、

      前日の探偵団が終わってから、宍倉さんたちが仕掛けた罠も見に行ってみました。

      すると・・・

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      クサガメが入ってた〜

      って、宍倉さんがカメを持って歩き始めた途端、

      10mほど離れた場所にもかかわらず、

      独特のにおいがして、思わず、クサ〜〜〜!!(笑)

      そう、このにおいが名前の由来で、

      クサガメは危険を感じると臭腺から臭いの液を出すんだそうです。

       

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      クサガメ独特の模様がくっきりしてます。

      頭デカ!(笑)

       

      というわけで、仕掛けた罠をすべて上げ終わり、

      カメとザリガニ以外はその場で返して、センターに戻りました。

      生きもの探偵団生きもの探偵団

      取ってきたカメをみんなで観察。

      オスメスの違いや、イシガメ、クサガメ、それぞれの体の特徴などあらためて解説してもらいました。

      ちなみに、昨年の調査では、1度に35匹もとれたのに、

      今回は5匹しか取れなかったことについては、

      一つの考えですが、昨年の調査の時期は、

      梅雨が明け晴天続きで田んぼも水がなかった時期だった、

      でも今年はまだ梅雨も明けていないし、田んぼにたくさん水もエサもあるので、

      水路や池から離れている、そのことが、

      今回の数の少ない原因ではないかとのことでした。

       

      最後に、宍倉さんからは、在来のイシガメを守るためには、

      外来のカメを駆除する必要がある、

      外来のカメは人間に連れてこられて一生懸命生きているだけなので、

      外来のカメには罪はないしかわいそうだけど駆除することになること、

      そういうかわいそうなことにしないためにも、

      ペットとして飼うなら、最後までちゃんと面倒をみなければいけないこと、

      カメは寿命が長いので、そのことを考えて飼わなければならないことなど、

      カメの飼い方も含めて、教えていただきました。

       

      さて、探偵団3回目は、8月26日(土)です。

      最終回には、もう一回罠をかけてカメがどこにいるのか調べ、

      今回のデータも合わせて、中池見のカメマップを作ります。

      今回参加されなかった方も、ぜひ、ご参加くださいね。

       

      そして今回、生きもの探偵団の調査を指導してくださった、

      宍倉さんはじめ東邦大学の加賀山さん、宮崎さん、

      和亀保護の会の西堀智子さん、本当にありがとうございました!

      また、記録写真の撮影に大野誠一さんにご協力いただきました、ありがとうございました。

       

      なお、今回の生き物探偵団、およびカメハウスの設置は、

      日本湿地保全連合とラムサール・ネットワーク日本が、

      共同で実施しているプロジェクトWISEより支援を受けて実施しました。


      生きもの探偵団1日目、カメ罠を仕掛けました〜

      0

        今年も始まりました中池見生きもの探偵団。

        今年のテーマ「カメ調べ」ですが、

        初回の今日は、カメのすみかを探せ、ということで、

        カメが棲んでいそうな場所にカメ罠を仕掛けるのがミッションです。

         

        生きもの探偵団宍倉慎一朗さん

        今回お招きした名探偵は、東邦大学大学院でカメの研究をされている宍倉慎一朗さんです。

        宍倉さんは小さい頃から生き物が大好きで、たくさんの生き物を飼っていたことや、

        現在研究のために飼っているたくさんのカメのこと、

        そして、今日のミッションのために必要なカメについての豆知識、

        カメの種類や、カメの好きな場所のヒントをいろいろ教えてくれました。

         

        生きもの探偵団生きもの探偵団

        センターで飼っているカメを実際に見ながら、

        中池見にたくさんいるイシガメとクサガメの違いを教えてもらいました。

        そして、カメ罠の仕組みや仕掛け方も解説してもらい、

        まずは仕掛ける場所の下見をしにフィールドへ。

         

        生きもの探偵団生きもの探偵団

        「隠れる草があって、好物のバッタもたくさんいるね〜」

        「このあたりもいい感じ〜」

        生きもの探偵団

        誰かが見つけた穴ですが、もしや?

        「入り口は狭いけど、中が広くなってるよ。

        カメが卵を産もうとして掘った穴みたいだね。」

        でも、なぜだかわからないけど、卵は産まなかったようです。

        チビッ子探偵たちも手を入れて中が広くなっていることを確認しました。

         

        センターに戻って休憩しながら、

        今見てきたところで、どこに罠を仕掛けるか作戦会議を開いて、

        仕掛ける場所を決めました。

        さて、いよいよ罠を仕掛けに出発!

         

        生きもの探偵団生きもの探偵団

        生きもの探偵団

        みなさんには、事前にカメのエサを考えて持ってきてもらうようにお願いしていたので、

        それぞれに、エサを罠に入れて、投入していきます。

        罠を引き上げるのは明日。

        さてさて、カメは入っているかな?

        罠を引き上げるのが楽しみですね〜〜

         

         

         

         

         

         

         


        1月の生き物探偵団は...

        0

          2016/12/04

           

          こんにちは。浅利です。

          ちょっと早めの1月のお知らせとなります。

           

          1月22日の生きもの探偵団は「プランクトンを観察してみよう!」です。

          プランクトンネットという微生物を採集するための網を使って小さな生き物を捕まえます。

          持ち帰ったらみんなで顕微鏡を使って観察してみましょう。

          お申し込みは9時〜16時の間に電話でお願いいたします。

           

          2017年生き物探偵団1月チラシ

           


          12月の生き物探偵団!

          0

            2016/11/29

             

            お久しぶりです。浅利です。

            いきなりですが、生き物探偵団のお知らせです。

            生きもの探偵団、12月4日は「自然の糸を集めて比べてみよう!」です。

            参加費は200円

            小、中学生が対象になります。(小学三年生以下は保護者同伴で)

             

             

            今回は野蚕の繭や、クモの糸などを使って糸を作ってみます。

            カイコの原種と言われるクワコやヒメヤママユの繭をつかいます。

             

            日に日に寒くなってきましたが、まだ生き物たちは観察できるので、是非、体験しに来てください!

             

             


            生きもの探偵団のお知らせ

            0

              2016/11/06

               

              こんにちは。浅利です。

               

              先日クワコが羽化したことをお話ししましたが、今日はなんとさらに3匹!

              これで計4匹のクワコが羽化したことになります。

               

              クワコ(雄雌)

               

              クワコです。右がメスで左がオスになります。

               

              蚕の原種と呼ばれているだけあり、そのフォルムは蚕を思わせます。

               

               

              とっておいたクワコの繭は12月の生きもの探偵団で使うので、是非お申込み下さい。

               

               

              〜〜おまけ〜〜

               

              アカハライモリ

               

              イモリがガラス面を登ってこんなに上まで来ていました。

              イモリがつるつるのガラス面を登れるなんて思っていなかったのでびっくりです。

              陸場を作ってあげた方が良いのかな...

               

              これを見ると、ふたをしていないと易々と脱走できてしまうことがわかりますね。

              今まで脱走しなくてよかった...。

               

               


              10月2日 生きもの探偵団「笹鼻池の大きさを探れ!」

              0

                2016/10/02

                 

                10月2日には生きもの探偵団がありました。

                 

                生き物探偵団生き物探偵団

                 

                今回はなんと講師として、中部大学の村上先生にお越しくださいました。

                 

                さて、今回は何をしたかというと、題名の通り池の大きさを探ってみました。

                 

                池底を河川で行われるのと同じような測量方法で、測りました。

                 

                 

                ボートに乗り、参加者の皆さんも楽しそうでした。

                 

                 

                他にも、プランクトンネットを使って採集したプランクトンを見たり、池の底にたまっている泥を採集したりもしました。

                 

                水質調べ

                プランクトンの観察

                プランクトン

                持って帰ったプランクトンは顕微鏡を使って観察しました。

                 

                沢山とれたので、ずっと観察していても飽きそうにありませんでしたね(笑)

                 

                11月は、生きもの探偵団で作った秘密基地の看板を作ります。

                 

                是非ご参加ください!

                 

                日時は11月6日(日)10時〜12時

                 

                興味のある方はお問合せ下さい

                 

                詳細はまた後日...

                 

                 

                おおっと!肝心なことを報告し忘れてました〜

                 

                笹鼻池の深さですが、測ったデータを村上先生がグラフにしてくださいました。

                データのまとめ

                データのまとめ

                ちょっと画像ではわかりにくいかもしれませんが、

                池の端からすぐにぐんと深くなる場所がありますが、

                そのすぐ手前付近には杭などがあり、

                この池沿いにある道が、当初よりずいぶん水没しているということがわかりました。

                今回測った中で、一番深い場所は、3.3m。

                あと何回か深さを測ることで、さらに深い場所が見つかるかもしれませんね。

                 


                カメは入ったかな?ドキドキの2日目の巻〜 なかいけみ生きもの探偵団

                0

                  さてさて、前日に探偵団のみんなと西堀さんがかけた10個のかご罠、

                  果たしてカメは入っているのか?

                   

                  生きもの探偵団出発生きもの探偵団かご上げ

                  ドキドキのかご罠回収に出発です!

                  ビジターセンターに一番近い池のかご罠は・・・

                  お?なんか入ってるでぇ〜〜

                   

                  生きもの探偵団かご生きもの探偵団ザリガニ

                  野菜のエサに、イシガメ1匹とアメリカザリガニが5匹も入っていました。

                  さすが、どちらも雑食だけあって、野菜もちゃんと食べに来るんですね〜(笑)

                   

                  生きもの探偵団ザリガニ生きもの探偵団かご上げ

                  けっこう立派なザリガニです。

                  続いては・・・

                   

                  生きもの探偵団子ガメ生きもの探偵団ギンブナ

                  チビっちゃいイシガメとギンブナです。

                  ちなみに、カメは洗濯袋に入れて回収です。

                  こうして、順々にかごを引き上げて中を確認していきます。

                  生きもの探偵団かご罠生きもの探偵団モクズガニ

                  こちらのかご罠には、美味しそう、いや、立派なモクズガニやスジエビが(笑)

                   

                  生きもの探偵団かご上げ生きもの探偵団カメ

                  こちらは、イシガメとクサガメが入っていました。

                  『カメのオスメスの見分け方、昨日お話したけど、覚えてる?尾の付け根が太い方が?』  

                  『オス!!』

                  『そう、よう覚えてたね〜』

                   

                  生きもの探偵団クサガメ生きもの探偵団タニシのふた

                  『いやぁ〜、これは立派なクサガメやなぁ〜、みんなのお母さんよりは年上やね(笑)

                  それから、かごの中に入ってた、これ、タニシのフタやね。

                  なんで、タニシのふたが入ってたんやろう?』

                  『カメが運んだ!』

                  『そう、だけど、わざわざ運んだんじゃなくて、

                  タニシを食べたから、フタだけウンチに混じってたんやね。』

                   

                  生きもの探偵団かごあげ生きもの探偵団ナマズ

                  さて、こちらのかご罠では、なんじゃこりゃ〜(笑)

                  ナマズや〜〜!

                  ナマズは肉食やから、トマト食べに来たわけじゃないよね。

                  でも、あれ?ここにザリガニの殻が残ってるねぇ。

                  もしかしたら、トマトを食べに来たザリガニを食べに入っちゃったのかな?

                   

                  生きもの探偵団カメ生きもの探偵団カメの年齢

                  こちらは、イシガメやクサガメがいくつも入っていました〜!

                  『カメは夏はたくさん食べて成長して、冬は冬眠して食べないから、

                  甲羅に年輪ができるんだよ。』

                   

                  生きもの探偵団まとめ生きもの探偵団まとめ

                  さて、洗濯袋に入れて持って帰ってきたカメを仕分けます。

                  イシガメ、クサガメ、心配していたミシシッピアカミミガメは入っていなかったものの、

                  残念ながら、イシガメとクサガメの交雑種もいました。

                  クサガメは10年ほど前までは、在来種と思われていましたが、

                  その後、江戸時代に中国などから入ってきた外来種かもしれないということ、

                  また、イシガメと交雑してしまうため、その扱いをどうするか、

                  各地で問題となっているそうです。

                  まさに、中池見でもその交雑種が確認されたことから、

                  これから、対応を考えていかなければなりません。

                   

                  今回、探偵団のみんなが暑い中、頑張って調査してくれたおかげで、

                  中池見のカメ事情が見えてきました。

                  これは、本当に大きな成果です。

                  探偵団のみなさん、そして、楽しくわかりやすく指導してくださった西堀さん、

                  本当にありがとうございました〜!

                   


                  生きもの探偵団、始動!

                  0

                    2016.07.31

                    今日は、生きもの探偵団初日!

                    この日は、これから活動するための拠点となる秘密基地を作りました。

                    柱となる竹は建てておいたので、皆さんにはよしずのようなものを作っていただきました。

                    生き物探偵団秘密基地づくり

                    よしずに使うツル植物。

                    この辺りでは草刈りをする際に、ツル植物がよくからまってしまうとのこと。

                    生き物探偵団秘密基地づくり

                    不安もいろいろありましたが、何とか完成しました。

                    子どもたちよりも保護者の方のほうが真剣になっていたかも(笑)

                    生き物探偵団秘密基地づくり

                    最後はみんなで記念撮影!

                     

                    基地は生きもの探偵団の時だけ現れます。

                    場所は秘密です...。ぜひ生きもの探偵団に参加してみてください!


                    | 1/1PAGES |