インフォメーション

ふるさと納税バナー

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

今までの記事

カテゴリー

冬眠中の生き物たち、体調はどうかな...

0

    こんにちは!浅利です。

    今日は冬眠中の爬虫類と両生類の様子を見てみました。

    冬眠中でも数か月に1度様子を見ておいた方がいいです。

    しかし、あまりディープには触れず、そっと見守る程度にしましょう。

     

    かめ2

     

    センター内で飼っている小さなカメ3匹はきちんと冬眠中でした。

    見た感じでは問題はなさそうです。

     

    カエル

     

    カエルは普通に表に出ていて一見冬眠しているようには見えませんが、これでも冬眠中。

    冬眠と言っても多くの生き物はうっすらと起きています。

     

    トカゲ

     

    ニホントカゲ2匹は並んで冬眠していました。

    健康状態は問題なさそうです。

    カナヘビより冬眠が成功しやすいですが、展示している間あまり顔を出さないし、カナヘビより慣れにくいです。

     

    カナヘビ

     

    カナヘビも無事見つかりました。

    今飼育している冬眠する生き物で、一番冬眠させる難易度が高いのがこのカナヘビのような気がします。

    冬眠させてても乾燥に弱いので☆になってしまうこともあります。

    冬眠させるときの容器は深く土を入れて、底の方を十分に湿らせる必要があります。

    また、秋には十分な餌を与えてあげなければいけません。

    これでも失敗することがあるので、冬眠させずに加温させて飼うというのが一番確実な方法になるかもしれません。

    しかし、冬の間は生餌が捕れないので生餌を買うことになりますが...

    カナヘビは冬眠できて生餌が用意でき、日光浴をさせることさえできれば問題なく飼えます。

     

    カメ

     

    外で飼育しているクサガメたちは雪に埋まっていたので少し心配でしたが、雪をどかして見てみると、あっけらかんとしていました。

    けっこう元気そうで、何匹かは動いていたくらいです。

     

    次は冬眠明けまであうことはないと思います。

    みんな元気に春を迎えられるといいですね。


    一足先にお目覚め

    0

      こんにちは!浅利です。

      昨日(1月17日)にビジターセンターの薪ストーブの下でカナヘビが見つかったみたいです。

      ちょっとびっくりですね(笑)

      どうやら薪の中で冬眠していたみたいで、薪と一緒に暖かい館内に運ばれて目が覚めてしまったみたいです。

      少し危なかったですね...

      カナヘビと言ってもヘビの仲間ではなく、どちらかというとトカゲ寄りになるのですが、トカゲとも言い難いです。

      よく「ヘビではありません。トカゲでもありません。カナヘビです。」と説明をすると、皆さん納得のいかない表情をされますが、そういう生き物なのです。

      カナヘビをトカゲと言うのは、ネコをハイエナと呼ぶくらい違います。

      しかしどうしても納得されない方がいるのでその時はトカゲの仲間と言っていますが...

      名前の由来は所説あり、昔の人が「一目見ただけでは蛇にしか見えないんだなあ(かな)」と思ったことからカナヘビとなったという説が有力なようです。

      カナヘビ

      このこが見つかったカナヘビです。

      少し寝ぼけ眼ですが、これでも水をたくさん飲んで元気になった方です。

      カナヘビは体長の⅔が尻尾というのが特徴になります。

      ケースの中をよちよちと歩く姿はとてもかわいいです。

      カナヘビ2

      鱗も拡大するとキールが目立ってかっこいいですね!トカゲはすべすべしていてこんなにざらざらとはしていません

      拡大して気づいたのですが、足にも模様があるんですね...。よく観察すると新しい発見があって面白いです。

       

      カナヘビは完全肉食(昆虫食)で、日光浴もさせないといけない、特に冬眠が難しいので飼育も難しいとされています。

      しかし食べ物をきちんと与える、日光浴もしっかり正しくさせて冬眠させず冬も加温させればきちんと飼える生き物です。

      飼育するときは覚悟した方がいい生き物です...


      爬虫類の日光浴

      0

        2016/10/27

         

        そろそろ生体展示の爬虫類たちも冬眠の時期になるのですが、最近暖かくなったり寒くなったりと、あまりタイミングがつかめないでいます。

         

        とりあえず今日は天気も良かったので、日光浴をさせてみました。

         

         

        カメカメ

         

        爬虫類は上から覗かれるのが苦手で、僕が近づくとバタバタと落ち着きがありませんでした。

         

        写真はイシガメ右の子が一部の人からは「亀吉」という愛称で呼ばれています。

         

        カメ

         

        クサガメ。一部の人からは「おかあちゃん」という愛称で呼ばれています。

        かなり高齢で数十年は生きているといわれています。僕より年上であることに間違いはないですね(笑)

         

        トカゲ

         

        ヒガシニホントカゲ。カナヘビと比べると大きく、質感、爪の長さ等よく見ると全然違うのが分ると思います。

         

        カナヘビ

         

        ニホンカナヘビ。

        結構人にも慣れてくれました。

        気持ちよさそうに日光浴していましたね。

         

         

        爬虫類に日光浴は欠かせません。

        日光浴することで体温を調節したり、カルシウムの吸収を助けるビタミンDをつくったりするからです。

         

        冬眠する前に一度みにきてくださいね!

         

         

         


        カナヘビの赤ちゃんが孵化しました!

        0

          2016/08/17

           

          皆さん、お久しぶりです。浅利です。

           

          今日の朝、なんと!カナヘビの卵が2匹孵っていました。

           

          この卵は7月20日に産まれた卵です。やっぱり一ヵ月弱くらいで孵化しましたね。

           

          カナヘビの赤ちゃん

          こんな小さな卵から生まれてしまうなんて驚きですね。

           

          こんなに小さくても、小さな芋虫をあげたら元気よく食べてくれましたよ

          ...可愛い

           

          カナヘビの赤ちゃん

           

          こんなに小さくても、ちゃんとカナヘビの顔をしています。

           

          この二匹もビジターセンターで展示していますので、是非見に来てくださいね!

           


          展示し始めたニホンカナヘビが、すぐに産卵しちゃいました!

          0

            皆さん、ブログでははじめましての浅利です。

            4月から中池見ねっとのスタッフとして中池見で活動しています。
            さて、今日ご紹介したいのは、

            現在ビジターセンターで行っている生体展示、爬虫類編!

            最初は皆さんご存知のカナヘビから。

            といっても、よく「トカゲ」と呼ばれたりもしますが(苦笑)、

            カナヘビはニホントカゲとはまた別物なので、あしからず。。。

            生き物展示〜ニホンカナヘビ

            じつは、最近展示し始めたばかりのこのカナヘビが、

            7月20日に産卵していました!

            ニホンカナヘビ

            ここでは二匹展示していますが、

            偶然にもそれがオスとメスになっていました。
            展示してから数日しかたっていなかったので、

            まさかこんなに早く卵を産むなんて思っていませんでした。

            生き物展示〜ニホンカナヘビ
            最初は卵が1つ凹んでいたのですが、今では凹みもなく元気に成長しています。

            有精卵だということですね!
            上と下が逆にならないようにペンで印をつけてから別の場所に移しました。
            孵るのが楽しみですね。

             

             

            次はイシガメ。

            生き物展示〜ニホンイシガメ

            皆からは館長命名の「かめきち」の愛称で呼ばれています。
            とても可愛くて、餌をあげるときもピンセットにつまんだ餌を食べてくれます。

            なお、観察のポイントは、上からではなく、横からそっと覗くことです。

            皆さん是非見に来てくださいね。

            また近々、爬虫類の新入りをご紹介しますので楽しみにしてくださいね。

             

            最後に、宣伝〜。

            「生きもの探偵団」という小中学生対象で年間を通して行う企画があります。

            来週の日曜日にも秘密基地を作るイベントを企画しています。

            まだ少し空きがありますので、是非、ご申込みくださいね!

             

            生き物探偵団

             

            なかいけみ生きもの探偵団、

            詳しくは、こちら


            日向ぼっこも順番に?お行儀のよいイシガメたち(笑)

            0
              外はほんわかといい陽気。
              センターの中は、むしろひんやりしているので、
              時々、お日さんにあたりに出たりします(笑)

              やっぱりのんびり日向ぼっこ、サイコー!
              ってのは、ヒトだけじゃないみたいです。

              ニホンイシガメ
              池に倒れた草束の上に、2匹のイシガメが・・・
              あんたらもやっぱ日向ぼっこですか〜

              後ろのカメが、早く進んでよ〜と言ってるよう(笑)
              私たちがいるせいか、固まってしまったみたいで、申し訳ない・・・

              あれ?
              ニホンイシガメ 
              あれれ?
              上の2枚の写真の違いを見つけなさい(笑)

              現場では気づかなかったのですが、
              2匹目のカメのそばに、誰かの鼻が・・・(笑)

              もう一度、今度はアップで見てみましょう。
              ニホンイシガメ
              1枚目には写っている3匹目のカメ。

              それこそ、早く上がってあげてほしい(笑)
              っていうか、ちゃんと順番待ってるなんて、
              お行儀良いですよね〜

              邪魔者は消えよとばかりに、とっとと退散しましたが、
              その後、3匹仲良く日向ぼっこしたかしら・・・(笑)





              なんて顔だΣ(゚Д゚)イシガメ!

              0
                センターの水槽にいるイシガメちゃん。
                目がくりっとしていて、鼻はブタみたいでキュートなお顔をしています♡
                スタッフのRちゃんが指を出すと・・・
                口をぱくぱくさせてくれます(^◇^)♪
                イシガメ
                わたしにはしてくれないんです!ひとを選んでるんだね・・・
                でも、この顔!
                めっちゃこわい(゜.゜)
                イシガメ
                本気で食いにかかろうとしているのか!(・_・;)
                懐いているのか、食べようとしているのか・・・
                 

                トカゲがダメな人でも、これはどう?反則のカワイさ、ニホンカナヘビ

                0
                  残暑もほとんどなく、
                  順調に秋の景色に変わっている中池見です。

                  秋の野の花
                  センター前も、ピンクのキセルアザミやミソハギにサワヒヨドリ、
                  黄色い花はヤブツルアズキです。

                  サワヒヨドリのアップを撮りたいなぁと見回すと、
                  あれ?虫がついてる?
                  ・・・
                  え?
                  ええ〜〜っ?!

                  ニホンカナヘビ 
                  お花の中の目と目が合っちゃいました!(笑)
                  あんた何してんのぉ〜?(笑)

                  ちっちゃなニホンカナヘビ。
                  尻尾の先の黒っぽいのは再生尾、
                  つまり、一回切れた後生えてきた尻尾なんだそうです。

                  周りにいたウォーキングの方々やスタッフと見つめているうち、
                  だんだんカナヘビの方にもソワソワ感が・・・(笑)
                  ニホンカナヘビ
                  姿勢を変えました。。。

                  う〜ん、それにしても、凛々しいお顔!

                  ニホンカナヘビ
                  どうする?
                  どこ行く?

                  ニホンカナヘビ
                  いつまでも見ていたかったけど、
                  残念ながら、見届けられませんでした。
                  お仕事中なんで(笑)

                  それにしても、花の中にカナヘビがいるなんて、ね?(笑)
                  きっと、ハナグモのように近寄ってくる虫食べようって、
                  隠れてたのかな〜と思います。
                  チビッ子ならではのワザ、ですね。



                  無事に孵りますように、育ちますように・・・

                  0
                    ニホンイシガメとひょっこり出会いました。
                    しかも、目も合っちゃった(笑)
                    だって、こっち向きにじっとしてるんですもの。

                    イシガメ
                    あんた、そんなとこで何してるの?

                    イシガメ
                    あら〜、産卵中?
                    もしくは、産卵のための穴掘り中?
                    もしくは、産卵後の穴ふさぎ中?

                    近寄って確かめたかったけれど、ちょっと遠慮しちゃいました。
                    だって、どうも最近、イシガメは数を減らしている気がすると、
                    スタッフの間でも心配しているんです。

                    今、全国的にも在来のカメ、ニホンイシガメは数を減らし、
                    準絶滅危惧種となっています。
                    今年、日本自然保護協会から発表された、
                    昨年の自然しらべ、カメの全国調査では、
                    寄せられた情報の64%が、ミシシッピアカミミガメだったという、
                    深刻な状況が報告されています。

                    中池見のカメについては、調査ができておらず、よくわかっていませんが、
                    過去にミシシッピアカミミガメのベビーが捕獲されたこともあり、
                    繁殖している可能性はあります。
                    さらに、アカミミガメの台頭と合わせて心配なことは、
                    イノシシによる掘り起しで、
                    イシガメの卵が被害にあっているのではないかということです。
                    イノシシが、カメの卵を食べているかどうかははっきりわかりませんが、
                    この時期、掘り起こされている場所が、
                    イシガメが産卵しそうな場所でもあるからです。

                    どうぞ、このイシガメの卵が、無事に孵りますように。
                    そして、子ガメが無事に育ちますように。

                    それにしても、イシガメのつぶらなお目目、可愛い!

                    激写!アオダイショウの美しい筋肉!鍛え上げたこの体を見よ!

                    0
                      山の中を歩いていて、遭遇しました!
                      木を登るヘビです、初めて見ました!

                      木の横を通り過ぎようとして、
                      ちょうど目の高さに、アオダイショウがピタ~っと木に張り付いている、
                      思わず、ええぇ〜!!
                      木を登るアオダイショウ
                      思わず、のけぞりましたです(笑)
                      ちょっと離れて見ましたら、結構大きいです。

                      木を登るアオダイショウ
                      めっちゃベゴベゴやん、なんで?
                      そうか、筋肉か!、めっちゃ力入ってるんや!
                      そりゃ、そうやわな、手もないのに垂直に登るんやで。

                      ボディビルダーのポーズに見えてきました(笑)

                      木を登るアオダイショウ
                      力入ってます!

                      木を登るアオダイショウ
                      枝があった!助かった〜
                      ・・・ヘビの気持ちになってます(笑)・・・

                      つややかな皮膚ですねぇ。
                      木を登るアオダイショウ
                      しかし、枝を支点に、さらに登ろうとしています。

                      木を登るアオダイショウ
                      その視線の先には・・・

                      すいません、見たんですけど、よくわかりませんでした。
                      あまり時間もなかったので、激写はここまで。

                      この後、どうしたのかはわからないのですが、
                      何かを狙っている風ですよね。

                      実は、途中で動画撮影もトライしたのですが、
                      余りにもゆっくりすぎて、手が疲れてしまい(笑)、諦めました。

                      それにしても、枝を伝ったりして登るのは見たことがあったのですが、
                      こんな太い木の幹を、垂直に登ることができるなんてびっくり〜
                      マッチョなヘビの様子を見ることができて嬉しかったです(笑)



                      | 1/3PAGES | >>