インフォメーション

ふるさと納税バナー

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

今までの記事

カテゴリー

生きものの冬眠

0

    ビジターセンターの両生類、爬虫類は冬眠に入ります。

    そこで冬眠について少しだけ説明。

    まずはカメ。当館でも絶大な人気を誇るカメたちですが、さすがに爬虫類なので冬は冬眠します。

     カメは土の中でも冬眠しますが、中池見湿地のカメは水の中で冬眠する場合が多いようです。

     水の中で冬眠するときは腸呼吸を行います。

    水を総排泄腔から取り込み、水の中に含まれている酸素を腸から取り込み呼吸をするようです。

    冬眠中はその酸素量で十分のようです。

    また、オスのカメは冬でも活動することがあるようです。

    カメかめ2

     トカゲの仲間も冬は冬眠します。

    乾燥しないようにある程度湿り気のある土の中で冬眠するようです。

    トカゲ

     カエルは種類によるのですが、大抵土の中や石の下などで越冬します。

    カエルは寒さに強いのでそれほど深くは潜らないこともあります。

    アカガエルの仲間などは水中で越冬することもあります。

    ツチガエルはオタマジャクシが越冬することもあるようです。

     

     カエル

     

    写真は今年二月のものです。↓URLはその時のブログです。

    http://blog.nakaikeminet.raindrop.jp/?day=20180215


    メダカのための120竸總紂

    0

      こんにちは!浅利です。

      今回は中池見のキタノメダカのためにある120竸總紊鮠匆陲靴泙后

      中池見のキタノメダカは日本のメダカという種をキタノメダカとミナミメダカに分ける時に使われました。

      こういった種を決めるときに使われた標本の産地をタイプ産地といいます。

      なので、中池見のメダカはとても貴重なのです。

      このメダカをぜひ綺麗に展示してほしいと地元のOさんからなんと120竸總紊凌總紊魎麌佞靴討い燭世ました。

       

      メダカ水草水槽

       

      そしてこれがその水槽の中の一部になります。設置してから1か月半くらいたっているので様になってきました。

      せっかくなので中池見の植物も植えてみようということで手前にマツバイ、中景にミズユキノシタ、奥にミズトラノオ、右はじにデンジソウを植えてみました。

      照明も明るくし、環境も工夫してみたので植物も良く育っています。

      照明が明るいとメダカもきれいに見えると評判もいいです。

       

      メダカデンジソウ

       

      奥のデンジソウはまだ伸び始めたばかりでくるくるとした芽が見られて可愛いです。

      果たしてきちんと育ってくれるのでしょうか...

       

      アオカワモズクヒメモノアラガイ

      今の間だけアオカワモズクが見られます。

      環境変化に弱いのかちょっと元気なさげですが...。

      水槽の中にいる貝はヒメモノアラガイです。

      ほんの少しですが、水槽の中のコケを食べてくれています。

       

      このメダカ水槽の中は随時更新しています。

      是非見に来てください!


      中池見のトカゲと僕からのお願い。

      0

        こんにちは!浅利です。

        今日は展示しているトカゲ達の様子を紹介します。

        中池見ビジターセンターではこのブログでも何度か紹介しているトカゲ達の住んでいるトカゲ水槽があります。

        トカゲ水槽の中にはトカゲ科のニホントカゲとカナヘビ科の二ホンカナヘビ(ヘビではありません)がいます。

        最近はゲージの中にライトをつけて通称ホットスポットというトカゲが日向ぼっこするための場所をつくりました。

        これでほぼいつでも展示している生体を見ることができるように!

         

        トカゲ

         

        そして、この子達がそのホットスポットで日向ぼっこをしているところです。

        下二匹がニホントカゲ、一番上にいるのがニホンカナヘビです。

        トカゲは変温動物なので自分で発熱して体を温めることが出来ません。

        なのでこうしてホットスポットを作ると体温を上げることが出来、代謝が良くなるのでエサもよく食べるようになりますし、よく動くようになります。

         

        トカゲ

        ニホンカナヘビもニホントカゲも元気そうですね。

         

        最後にお願いなのですが、お客様がこういった生き物を見ると「気持ち悪い」と言われる方が何人かいます。

        気持ち悪いと思うのはお客様それぞれの自由なので構わないのですが、周りに子どもがいるときは思ってもあまり声に出さないでほしいです。

        おとなの発言というのは子どもには思ったよりも影響が大きいもので、自分の親が気持ち悪いと騒ぐと子どももそういうものだと認識、刷り込みをしてしまいます。

        これはその子の未来の可能性を1つ潰してしまう事になりますし、何より飼育している僕もちょっと寂しい気持ちになります。

        なので、気持ち悪いと思っても決して声には出さないでほしいというのが僕からのお願いです。


        生体展示のカメ達展示再開!

        0

           

          こんにちは!浅利です。

          2018年3月4日から爬虫類、両生類の飼育を再開しました。

          カメとカナヘビははまだちょっと眠そうですが、他の生き物は暖かくなるとよく動いています。

           

          眠いカメ

           

          いつも入って正面にいるニホンイシガメ。

          まだ眠そうですね(笑)

          大分暖かいのですぐ動き始めると思います。

           

          陽向トカゲ

           

          ニホントカゲ達です。夕方になって日が入ると仲良く並んで日向ぼっこしていました。

          けっこう元気に動き回っていましたね。

           

          カエル

           

          アズマヒキガエルとモリアオガエルです。

          アズマヒキガエルは小さな時から飼育しているので動じないでエサを食べていましたが、他のカエルたちはすごく神経質なのでちょっと不安です。

          モリアオガエルも去年から鼻がすれてしまっています...

           

          カメきち

           

          ビジターセンターでカメ吉という愛称で親しまれているイシガメです。

          亀吉と言っても女の子なんですが(笑)

          こちらも問題なく元気そうです。

           

          メダカ水槽

           

          ここで皆さんにお知らせです。

          いつも中池見に来園されるお客様から水槽を寄贈していただきました。

          展示内容は寄贈していただいたご本人の意向を組みまして、キタノメダカの展示にします。

          植物は徐々に増やしていこうと思うので是非見に来てくださいね。


          アカガエルの大合唱、こちらでお聞きいただけます〜

          0

            前記事のアカガエルの大合唱、

            下記ページで、お聞きいただけます〜♬

            風の音がジャマですし、画質もよくないですが、

            春を感じていただければと思います。

             

            アカガエルの春、大爆発!動画

             

            センター前

             

             


            アカガエルの春、爆発!(笑)

            0

              全国的に春の嵐の今日は、

              風が吹いて寒く感じるものの、

              空気自体は生温かく、

              これは来るぞと思っていました。

              何が来るのかといえば、もちろん、

              アカガエルの大婚活!大合唱!(笑)

              センター前

              耳を澄ますと、奥の方から小鳥のさえずりのように鳴くアカガエルの声が聞こえます。

              声のする方に歩いていくと、

              アカガエルの卵塊

              声はピタリと鳴き止んでしまったものの、

              今産んだばかりと思われる、

              膨らみかけの黒い卵塊が点々と。。。

              アカガエルの卵塊

              何層にも重なったような大量の卵塊も。

               

              例年なら、2月の初めには始まる産卵ですが、

              さすがにこの雪の中では、水辺にたどり着けなかったでしょう。

              この数日の春の訪れ、そして、この温かい南風で、

              アカガエルたちも、もう一気に産卵へという感じです。

              でも、まだ雪の吹き溜まりもあり、

              中には、雪の上を進んでしまったために、

              動けなくなってそのまま息絶えてしまったカエルも多く見られました。

              可愛そうですが、自然の厳しいところですね。

              このカエルたちは、お腹ペコペコの鳥たちのエサになることでしょう。

               

              本当に今日は、一日中、カエルの声が賑やかでした。

              イシガメ

              と思ったら、イシガメもヨチヨチ歩いてました(笑)

              どなたさまにも、春ですね〜!

               


              咸新小学校の皆さんがカヤネズミの調査をしました。

              0

                今日は、咸新小学校3年生と4年生の皆さんが、

                カヤネズミの調査に来てくれました。

                咸新小学校の皆さんは、

                これまでトンボの調査やタニシの調査などしてくれていますが、

                カヤネズミは初めて。

                咸新小学校カヤネズミ調査

                カヤネズミという生き物自体知らない人がほとんどということで、
                最初に、センターから持ってきたカヤネズミの巣と
                カヤぐるみを見ていただきながら、
                カヤネズミについて簡単にご紹介しました。

                 

                で、さっそく調査地点へ。

                カヤネズミの巣

                さぁ、探そう!と言った瞬間、

                巣、あった!

                え〜〜!?ホントだ!

                いきなり見つけられるなんて、スゴイ!

                ぜひ、カヤ調査の調査員になっていただきたいです〜

                みんなでその巣を確認して、あらためて、調査開始!

                咸新小学校カヤネズミ調査

                ヨシ原の中を棒で草をかき分けて見ていきます。

                 

                あった〜!の声がいくつも聞こえました。

                カヤネズミの巣

                カヤネズミの巣です。

                 

                カヤネズミの巣

                緑の新しい巣もありました。

                 

                先生がカウントしてくださり、全部で7つ見つけることができました。

                正味30分ほどの調査でしたが、

                たくさんの、しかもキラキラの目があると違いますね〜。

                 

                今回の調査で、おうちの周りの草原に、

                そしてカヤネズミに、関心を持っていただけたら嬉しいですね。


                かわいい花にはクモがいる

                0

                  ようやく梅雨が明けました〜

                  光まぶしい夏ですね。

                   

                  暑いけれど、涼し気に咲いていて、

                  ついしゃがみ込んでみてしまう花。。。

                  セリ

                  セリ、ちっちゃな花が集まってブーケのようです。

                  ちょうど、ミズトラノオなどといっしょに、

                  あちらこちらに咲いています。

                   

                  よく見ると。。。

                  セリとハナグモ

                  草と同じトーンの緑のハナグモが。

                  セリの小さな花の上にさりげなく潜んで、

                  近づいてくる虫を待っています。

                  それにしても、きれいな色ですね〜

                   


                  爽やかな新緑のベールがふんわり。生き物たちもムクムクと。

                  0

                    今日は、少しひんやりした空気と明るい日差しで、

                    とても爽やかな一日でした。

                     

                    湿地の上はまさに芽吹きの季節。

                    枯葉色の少し寂しい色合いが、

                    ふんわりと緑のベールをかけたような、

                    あたたかな風景になってきました。

                     

                    堀切の様子

                    清々しい空気と景色。

                    思わず、深呼吸、です。

                     

                    デンジソウ

                    デンジソウも出てきました。

                    出はじめは、こんな色。これが徐々に緑になってきます。

                    1僂らいの可愛い葉っぱがたくさん浮いています。

                     

                    トノサマガエルの卵塊

                    シュレーゲルアオガエルとトノサマガエルが、

                    競い合うように鳴き始めたので、田んぼの周りを歩いてみると、

                    トノサマガエルの卵塊があちらこちらに。

                     

                    キタノメダカ

                    メダカの学校も入学式(笑)

                    温かさに誘われて、水路で元気に泳いでいます。

                     

                    毎日、あれが咲いた、これが見れたと、

                    一つ一つとの出会いが楽しい季節ですね。

                     


                    知っていて損はない?中池見の動物の足跡!

                    0

                      2017/03/09

                       

                      こんにちは!浅利です。

                       

                      もう消えそうですが雪が積もったので今日は動物の足跡を紹介したいと思います。

                       

                      まずは特徴的なウサギの足跡です。

                      ウサギ足跡

                      後ろ足が長く、特徴的な足跡のつき方をします。

                       

                       

                      次にこの足跡です。一見ウサギの足跡に見えますが、テンの足跡になります。テンには足跡が何通りもあり、ちょっとややこしいかもしれません。(ウサギ型やシャクトリムシ型など)

                      ウサギの足跡と違うところは後ろ足の足跡の大きさがが前足とあまり変わらないところです。

                      また、ウサギは足が毛で覆われているため、指の跡などはなかなかつきません。

                      テン足跡テン足跡(2)

                      テン足跡(3)

                       

                      こちらはイタチ。小さいことともみじみたいにつく足跡が特徴的だと思います。

                      イタチ足跡テン足跡2

                      可愛い手形がついていました。

                       

                      これは見たことがある方もおおいのではないでしょうか?イノシシの足跡です。湿地に近いほど多く見かける気がします。

                      イノシシ足跡1イノシシ足跡2

                      シカやイノシシ等は偶蹄目と言い、その名の通り蹄が偶数になっています。

                      イノシシの足跡の特徴は、副蹄がシカと比べてしっかりとつくところです。

                       

                      そしてこちらがシカです。

                      シカ足跡シカ足跡2

                      シカの副蹄はイノシシと比べ高い位置にあるため、あまり深くはつきません。山の中に比較的多い気がします。

                       

                      最後ですがこちらの足跡なんの動物だと思いますか?

                      カモシカ足跡カモシカ足跡2

                      感のいい人は分かってしまったかもしれませんが、カモシカの足跡になります。副蹄が少ししかつかないこと、蹄の間が空くことなど特徴はありますが、分かりにくいので周りの他のフィールドサインも見ておかなければいけません。

                      この場所はいつもカモシカの糞溜めがあるのでカモシカだとわかりました。

                      こういったフィールドサインが分かれば野生動物の写真を撮りやすくなるかもしれませんね。

                       

                      梅

                      梅の花も咲く季節になりました。ぜひ見に来てくださいね!


                      | 1/5PAGES | >>