インフォメーション

ふるさと納税バナー

ザリガニバスターズ

ザリバスバナー

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

今までの記事

カテゴリー

咸新小3〜4年生の皆さんが生き物調査を行いました。

0

    咸新小学校3〜4年生の皆さんが、後谷の生き物学校田周辺で生き物調査を行いました。

    この調査、田んぼ周辺にいるモートンイトトンボやクロゲンゴロウの調査を初夏にも行っていて、今回は、モートンイトトンボのヤゴを探してみたいということで、長年中池見のトンボの研究をされている和田茂樹さんにお越しいただいたのですが、なんと生きもの学校田に水がない・・・

    調査予定の田んぼお地蔵さんの水

    なんでだろう?と、山からくる水、お地蔵さんの水を見てみると、ぽたぽたとしずくがたれる程度の水しかありません。

    どうしてなのか気になりますが、とにかくこれでは予定していた田んぼの中での調査はできないので、田んぼ周りの水路の中、また周りを飛ぶトンボなどを採取することにしました。

    和田さんの説明咸新小生き物調査

    咸新小生き物調査咸新小生き物調査

    講師として来てくださった和田さんから、中池見が国内でも有数のトンボの産地であることや、この時期に見られるトンボについてのお話を伺った後、たも網や捕虫網を持って生き物を探しました。

    咸新小生き物調査咸新小生き物調査

    次々と集まってくる生き物、中でも多いのはアブラボテの稚魚やニホンカワトンボのヤゴ、スジエビやゲンゴロウの仲間です。

     

    採取したヤゴたちキイロサナエとヤマサナエ

    捕まえたヤゴは、ニホンカワトンボ、シオヤトンボ、コオニヤンマ、ヤマサナエ、キイロサナエの5種でした。

    和田さんからは、ヤマサナエとキイロサナエはよく似てるけど、腹部の先の形で見分けることなどを教えていただきました。

    ちなみに、画像の左がキイロサナエ、右がヤマサナエ。

     

    成虫はオニヤンマ、マユタテアカネ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、ナツアカネ、アキアカネ、オオアオイトトンボの7種です。

    オオアオイトトンボは日本のトンボの中でも唯一生きた木の枝に卵を産みつけるトンボだそうです。

    水がなくて探したかったモートンイトトンボのヤゴは見つけることはできませんでしたが、短い時間の中で12種類のトンボをはじめとするいろいろな生き物を見つけることができました。

    和田さんのお話によると、田んぼに水はなかったけれど、モートンイトトンボのヤゴは乾燥に強いので、このように湿り気がある場所なら大丈夫とのこと。また、来年の夏にしっかり姿を見たいですね。


    激カワ!タゴガエル!!

    0

      こんにちは!浅利です。

      この前のトレイルウォーキングのときに採ってもらったタゴガエルのオタマジャクシが上陸してカエルになっていました!

      まだ幼い顔立ちで動きも俊敏とは言えないですが、ジャンプ力はもう一人前です。

       

      ガラス面もうまく登れていました。

      この子たちは飼育できる自信がないのでこの後逃がしました。

      元気に育ってほしい...


      みんなで報告会のお知らせと2/26日の記事の補足

      0

        こんにちは!浅利です。

        前回のアリ展示の投稿ですが、少しこちらの都合で編集させていただきました。

         

        さて、3月のみんなで報告会のお知らせです。

        他にも大阪市立自然史博物館の藤江さんが中池見で見つかった新種のハチの資料展示をしています。

        残念ながら当日本人は都合により来られないとのことですが、とても興味深いので個人的には楽しみです。

         

        前回(2/26日の記事)の補足です。

        今展示しているアリは

        ムネアカオオアリ

        ムネボソアリ

        ウメマツアリ

        ヤドリウメマツアリ

        キタウロコアリ

        ヒラタウロコアリ

        ホソノコバウロコアリ

        になります。

        それに加え、ハヤシケアリのワーカー(働きアリ)だけの展示を用意しました。

        何故かというと、好蟻性昆虫を展示したかったからです!

        アリヅカコオロギ、ケムネチイロアリヅカムシが入っているのでよく観察してみてください。

        そのうちヒゲナガニセハリアリとトゲズネハリアリの展示もしようと考えています。

         

        種の詳細はまたいつか説明しようと思います。

        このアリ展示はみんなで報告会に向けての展示になります。

        4月以降はアリのを展示するかわからないので興味のある方はお早めに

         


        アカガエルがたまごを産みはじめました〜!

        0

          例年なら雪が積もり白い静寂につつまれた中池見と書いている時期ですが

          2月というのにこのあたたかさ。

          先日のオウレンに続いて春間近のおたよりです。

           

          ビジターセンター前に広がる田んぼ

          ぽかぽか陽気の昨日、ニホンアカガエルのたまごを見つけたセンター前の田んぼです

           

          新しいニホンアカガエルの卵塊、前の日の夜から明け方に産まれたのでしょうか

          新しい卵塊。前日の夜から明け方にかけて産まれたのでしょうか

           

          産まれて時間がたってないたまごはぷるぷるで手にのせられまーす

          産まれて時間がたっていないたまごはピカピカ、ぷるぷるで手にのせられまーす(^^♪

           

          たまごがどこにあるかわかりますか?

          こちらはザリガニバスターズでお馴染みの栗木谷どこにたまごがあるかわかりますか?

           

          こちらはザリガニバスターズでお馴染みの栗木谷の池卵塊が9個ありますね

          栗木谷のたまごのアップ、9個の卵塊が確認できました。


          生きものの冬眠

          0

            ビジターセンターの両生類、爬虫類は冬眠に入ります。

            そこで冬眠について少しだけ説明。

            まずはカメ。当館でも絶大な人気を誇るカメたちですが、さすがに爬虫類なので冬は冬眠します。

             カメは土の中でも冬眠しますが、中池見湿地のカメは水の中で冬眠する場合が多いようです。

             水の中で冬眠するときは腸呼吸を行います。

            水を総排泄腔から取り込み、水の中に含まれている酸素を腸から取り込み呼吸をするようです。

            冬眠中はその酸素量で十分のようです。

            また、オスのカメは冬でも活動することがあるようです。

            カメかめ2

             トカゲの仲間も冬は冬眠します。

            乾燥しないようにある程度湿り気のある土の中で冬眠するようです。

            トカゲ

             カエルは種類によるのですが、大抵土の中や石の下などで越冬します。

            カエルは寒さに強いのでそれほど深くは潜らないこともあります。

            アカガエルの仲間などは水中で越冬することもあります。

            ツチガエルはオタマジャクシが越冬することもあるようです。

             

             カエル

             

            写真は今年二月のものです。↓URLはその時のブログです。

            http://blog.nakaikeminet.raindrop.jp/?day=20180215


            メダカのための120竸總紂

            0

              こんにちは!浅利です。

              今回は中池見のキタノメダカのためにある120竸總紊鮠匆陲靴泙后

              中池見のキタノメダカは日本のメダカという種をキタノメダカとミナミメダカに分ける時に使われました。

              こういった種を決めるときに使われた標本の産地をタイプ産地といいます。

              なので、中池見のメダカはとても貴重なのです。

              このメダカをぜひ綺麗に展示してほしいと地元のOさんからなんと120竸總紊凌總紊魎麌佞靴討い燭世ました。

               

              メダカ水草水槽

               

              そしてこれがその水槽の中の一部になります。設置してから1か月半くらいたっているので様になってきました。

              せっかくなので中池見の植物も植えてみようということで手前にマツバイ、中景にミズユキノシタ、奥にミズトラノオ、右はじにデンジソウを植えてみました。

              照明も明るくし、環境も工夫してみたので植物も良く育っています。

              照明が明るいとメダカもきれいに見えると評判もいいです。

               

              メダカデンジソウ

               

              奥のデンジソウはまだ伸び始めたばかりでくるくるとした芽が見られて可愛いです。

              果たしてきちんと育ってくれるのでしょうか...

               

              アオカワモズクヒメモノアラガイ

              今の間だけアオカワモズクが見られます。

              環境変化に弱いのかちょっと元気なさげですが...。

              水槽の中にいる貝はヒメモノアラガイです。

              ほんの少しですが、水槽の中のコケを食べてくれています。

               

              このメダカ水槽の中は随時更新しています。

              是非見に来てください!


              中池見のトカゲと僕からのお願い。

              0

                こんにちは!浅利です。

                今日は展示しているトカゲ達の様子を紹介します。

                中池見ビジターセンターではこのブログでも何度か紹介しているトカゲ達の住んでいるトカゲ水槽があります。

                トカゲ水槽の中にはトカゲ科のニホントカゲとカナヘビ科の二ホンカナヘビ(ヘビではありません)がいます。

                最近はゲージの中にライトをつけて通称ホットスポットというトカゲが日向ぼっこするための場所をつくりました。

                これでほぼいつでも展示している生体を見ることができるように!

                 

                トカゲ

                 

                そして、この子達がそのホットスポットで日向ぼっこをしているところです。

                下二匹がニホントカゲ、一番上にいるのがニホンカナヘビです。

                トカゲは変温動物なので自分で発熱して体を温めることが出来ません。

                なのでこうしてホットスポットを作ると体温を上げることが出来、代謝が良くなるのでエサもよく食べるようになりますし、よく動くようになります。

                 

                トカゲ

                ニホンカナヘビもニホントカゲも元気そうですね。

                 

                最後にお願いなのですが、お客様がこういった生き物を見ると「気持ち悪い」と言われる方が何人かいます。

                気持ち悪いと思うのはお客様それぞれの自由なので構わないのですが、周りに子どもがいるときは思ってもあまり声に出さないでほしいです。

                おとなの発言というのは子どもには思ったよりも影響が大きいもので、自分の親が気持ち悪いと騒ぐと子どももそういうものだと認識、刷り込みをしてしまいます。

                これはその子の未来の可能性を1つ潰してしまう事になりますし、何より飼育している僕もちょっと寂しい気持ちになります。

                なので、気持ち悪いと思っても決して声には出さないでほしいというのが僕からのお願いです。


                生体展示のカメ達展示再開!

                0

                   

                  こんにちは!浅利です。

                  2018年3月4日から爬虫類、両生類の飼育を再開しました。

                  カメとカナヘビははまだちょっと眠そうですが、他の生き物は暖かくなるとよく動いています。

                   

                  眠いカメ

                   

                  いつも入って正面にいるニホンイシガメ。

                  まだ眠そうですね(笑)

                  大分暖かいのですぐ動き始めると思います。

                   

                  陽向トカゲ

                   

                  ニホントカゲ達です。夕方になって日が入ると仲良く並んで日向ぼっこしていました。

                  けっこう元気に動き回っていましたね。

                   

                  カエル

                   

                  アズマヒキガエルとモリアオガエルです。

                  アズマヒキガエルは小さな時から飼育しているので動じないでエサを食べていましたが、他のカエルたちはすごく神経質なのでちょっと不安です。

                  モリアオガエルも去年から鼻がすれてしまっています...

                   

                  カメきち

                   

                  ビジターセンターでカメ吉という愛称で親しまれているイシガメです。

                  亀吉と言っても女の子なんですが(笑)

                  こちらも問題なく元気そうです。

                   

                  メダカ水槽

                   

                  ここで皆さんにお知らせです。

                  いつも中池見に来園されるお客様から水槽を寄贈していただきました。

                  展示内容は寄贈していただいたご本人の意向を組みまして、キタノメダカの展示にします。

                  植物は徐々に増やしていこうと思うので是非見に来てくださいね。


                  アカガエルの大合唱、こちらでお聞きいただけます〜

                  0

                    前記事のアカガエルの大合唱、

                    下記ページで、お聞きいただけます〜♬

                    風の音がジャマですし、画質もよくないですが、

                    春を感じていただければと思います。

                     

                    アカガエルの春、大爆発!動画

                     

                    センター前

                     

                     


                    アカガエルの春、爆発!(笑)

                    0

                      全国的に春の嵐の今日は、

                      風が吹いて寒く感じるものの、

                      空気自体は生温かく、

                      これは来るぞと思っていました。

                      何が来るのかといえば、もちろん、

                      アカガエルの大婚活!大合唱!(笑)

                      センター前

                      耳を澄ますと、奥の方から小鳥のさえずりのように鳴くアカガエルの声が聞こえます。

                      声のする方に歩いていくと、

                      アカガエルの卵塊

                      声はピタリと鳴き止んでしまったものの、

                      今産んだばかりと思われる、

                      膨らみかけの黒い卵塊が点々と。。。

                      アカガエルの卵塊

                      何層にも重なったような大量の卵塊も。

                       

                      例年なら、2月の初めには始まる産卵ですが、

                      さすがにこの雪の中では、水辺にたどり着けなかったでしょう。

                      この数日の春の訪れ、そして、この温かい南風で、

                      アカガエルたちも、もう一気に産卵へという感じです。

                      でも、まだ雪の吹き溜まりもあり、

                      中には、雪の上を進んでしまったために、

                      動けなくなってそのまま息絶えてしまったカエルも多く見られました。

                      可愛そうですが、自然の厳しいところですね。

                      このカエルたちは、お腹ペコペコの鳥たちのエサになることでしょう。

                       

                      本当に今日は、一日中、カエルの声が賑やかでした。

                      イシガメ

                      と思ったら、イシガメもヨチヨチ歩いてました(笑)

                      どなたさまにも、春ですね〜!

                       


                      | 1/5PAGES | >>