インフォメーション

ふるさと納税バナー

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

今までの記事

カテゴリー

“自動車部品メーカーが中池見で田んぼをするワケ”を中学生たちに解説いただきました。

0

    ご報告が時間を遡っておりますが。。。

    今回のご報告は、8月30日に行った、アイシングループの皆さんと社会体験に中池見に来ていた中学生の皆さんとの合同の稲刈りについてです。

     

    アイシンAW工業、アイシン精機の皆さんが、中池見の保全活動にお越しくださるようになって、今年で4年になります。

    この間、江掘りやザリガニ防除、そして田んぼづくりと、中池見の保全のための取り組みを様々な枠組みで行っていただいています。

    今回は、8月31日に、アイシングループの環境保全研究会議を敦賀で開催されるとのことから、その前日の30日に全国から来られた皆さんに中池見での保全活動に参加いただきました。

    合わせて、日程的にちょうど中学生たちが社会体験に来ていたこともあり、中学生たちにアイシンさんの取り組み、そしてCSR(企業の社会的責任)について教えていただきました。

     

    社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

    グループマネージャーの辻さんより、アイシングループの取り組みについて解説いただいた後、

    アイシンAW工業さんが作ってくださっている田んぼに出て、稲刈りのお手伝いを中学生たちにしてもらいました。

     

    社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

    社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

    前日に生き物学校田で稲刈り経験済みの中学生たちは、稲を束ねる、運ぶ、稲架にかけるの作業を手分けしてやってくれています。

     

    社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

    直前に降った雨のせいで、ぬかるみが増して足元が厳しい田んぼに・・・はまってますね。。。

    そして、一歩動くのも大変なので、つい手を伸ばして手渡しして、バランスを崩しがちですが、

    この日は皆さんとても安定感があり(笑)、無事に刈り終えることができました。

     

    社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

    最後に、全員で記念撮影。

    最後尾の案山子も入れてもらえたかな?(笑)

     

    さて、いつもと少し違う社会体験になりましたが、

    中学生たちには、お金儲けだけを考えている企業はもう成り立たない、そんな世の中になりつつあることを知って、

    これから社会人となるための学びとしてもらえればよいなと思います。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック