インフォメーション

ふるさと納税バナー

第10回中池見フォトコンテスト作品募集中!

心に残る1シーンをお待ちしています〜 第10回中池見フォトコンテスト

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

今までの記事

カテゴリー

ツリガネニンジンにナンバンギセル、秋らしい花が咲き始めました。

0

    稲がなくなって見やすくなった田んぼばかりを、ついつい見ていましたが(笑)、

    林縁部にも、秋だね〜と思わず足をとめて見てしまう、そんな花が咲いています。

     

    ツリガネニンジン

    ツリガネニンジン

    色の濃淡の個性はありますが、

    耳を澄ませばチリンと聞こえそうなこのフォルムがカワイイですね。

     

    ヒメキンミズヒキ

    ヒメキンミズヒキ

    小さい花なのに、案外よく目立ちます。

     

    ナンバンギセル

    ナンバンギセル

    今年もわくわく山のススキの根元に咲いています。

     

    おかしな気候が続く昨今だけに、いつも通りに咲いてくれる花たちを見るとホッとしますね。

     


    9月の観察会、田んぼ周りだけでみどころたっぷりでした。

    0

      9月の自然観察会、テーマは、ミズアオイを観よう。

      しかし、あいにくの雨模様で、今日は参加がないかしらと思っていましたら、

      ご婦人がしっかり長靴を履いてお越しくださいました。

      これくらいの雨なんか平気よとおっしゃってくださったので、

      では、このまま外に出ましょうと、稲刈りが終わったミニ田んぼ周りをのんびりと歩くことにしました。

       

      9月の自然観察会

      休耕田ですが、水をいれて草刈りに何度か入って高くなる草を抑えた場所で、

      今年、ここ数年見ることがなかった草が出てきてくれました。

      県内では少なくなったシソクサも良く育ってますと、香りを楽しんでいただきました。

       

      コナギとデンジソウ

      デンジソウとコナギがせめぎあっている場所、コナギが花を咲かせています。

      葉はわさわさと生えているのに、花はその葉の下でひっそりと咲くので、きれいなのに目立ちません。

       

      コナギの花

      アップで見ると、とてもいい色でしょ?

      雨降りのせいか、より控えめな咲き方です。

       

      デンジソウの胞子嚢

      デンジソウも胞子嚢をつけていました。

      もやしの頭のような焦げ茶色の丸いものが胞子嚢です。

      デンジソウはシダの仲間なので、種子ではなく、胞子で世代をつなぐのです。

       

      スズメノトウガラシとアゼトウガラシ

      畦には、エダウチスズメノトウガラシ(左)とアゼトウガラシ(右)が並んで咲いていました。

      スズメノトウガラシがこの畦で咲いているのを観るのは初めてなので、ちょっとびっくりです。

      咲いていてもおかしくない場所なので、日頃の観察の仕方が雑なだけかもしれません(苦笑)

       

      ミズアオイ

      ミズアオイのドアップです。

      黄色い雄蕊が5本と紫の雄蕊が1本あるという、なんでかね〜と、

      たかが花、されど花で、その仕組みや在り様の多様さに感心してしまいます。

       

      参加くださったご婦人は、歌を詠まれるそうで、たくさんこまごまとメモをされていましたが、この日のことはどのような歌に詠まれたことでしょうね(笑)

      ご参加ありがとうございました!

       

       


      今年も「中池見の秋祭り」開催します〜♪

      0

        毎年恒例となりました、中池見の秋祭りの季節がやってきました!

        今年も、美味しい体験企画をあれこれ準備しています。

        ぜひ、ご参加くださいませ。

         

        日時 9月24日(月・振休)10:00〜15:00
        場所 中池見人と自然のふれあいの里にて


        入場無料(ワークショップなどは別途有料です)

         

        ★10:00〜11:30
        『薪の火でごはん炊こう!』(無料)
        薪に火をつけるところからチャレンジ!うまく火がついたら羽釜でご飯を炊いてみよう!お米はもちろん、中池見でとれた天日干しのお米です〜

         

        ★10:00〜13:00
        〜中池見の田んぼは丸ごと美味しい!〜
        『田んぼジビエのお料理ワークショップ』(要申込)
        水も豊富で農薬も使わない中池見の田んぼでは、稲だけでなく様々な生き物も育まれています。その中池見でとれた美味しいお米とともに、“田んぼジビエ”を美味しくいただくお料理ワークショップ。講師は、料理家の藤本よしこさん。ふだんなかなか食べることのない田んぼの恵みを味わってみませんか?
        定 員 10 名
        参 加 費 1000円

         

        ★10:00〜
        『石窯でピザ焼き体験』(要申込)
        好きな野菜などをトッピング、石窯でこんがりとピザ焼き体験。自分で焼いたアツアツのピザは美味しいよ!
        限定30枚(先着順)
        参加費 1枚分1,000円

         

        ★12:30〜
        ホルンアンサンブル Club in F ミニライブ
        & わくわくホルン体験(無料)
        2000年1月、結成された県内唯一のホルンアンサンブル団体です。定期演奏会をはじめ、地域行事への参加など県内各地で演奏活動を行っています。ホルンアンサンブルを通して音楽のおもしろさを広めるために、クラッシックからジャズや童謡まで、幅広いジャンルのレパートリーを用意しています。
        ミニライブの後は、わくわくホルン体験。ホースやほら貝にアルプホルンなど、様々な楽器?にチャレンジします。お気軽にご参加ください。

         

        ★Palude(パルーデ)さんのお気楽オカリナライブ
        中池見にも時々ふらりと現れる、オカリナ吹きのPaludeさん。神出鬼没にピーヒャラします(笑)

         

        ★なかいけみCafé
        お茶とハーブのお店茶蔵さんが、なかいけみCafeに。美味しいハーブティーとスコーンをお召し上がりいただけます。

         

        主催 NPO法人中池見ねっと
        後援 敦賀市

         

        ◆お問い合わせ・ワークショップ申込み
        中池見ねっと
        TEL 090-8269-9801
        mail info@nakaikeminet.raindrop.jp

         

        2018秋祭りチラシ2018秋祭りチラシ


        9月の自然観察会は「ミズアオイを観よう」

        0

          明日、9月9日は自然観察会です。

          今回のテーマは、「ミズアオイを観よう」

           

          稲刈りが終わった田んぼの中や周辺には、

          水田雑草がのびのびと育っています。

          今回はこの水田雑草たちを観察します。

          稲に遠慮しないで観察できるので楽しいですよ〜

           

          ミズトラノオ

          ミズトラノオ、まだまだたくさん咲いています。

          オモダカ

          オモダカ、水田雑草として抜かれることが多いですが、

          もう、大丈夫(笑)

           

          ミズアオイ

          今年は、夏の酷暑のせいなのか、花芽がなかなかつかず、

          観察会で見られないかと思いましたが、この株だけは元気に咲いてくれました。

          そのうち他の株も、花芽をつけてくれるでしょうか。

           

          観察会チラシ

           


          “自動車部品メーカーが中池見で田んぼをするワケ”を中学生たちに解説いただきました。

          0

            ご報告が時間を遡っておりますが。。。

            今回のご報告は、8月30日に行った、アイシングループの皆さんと社会体験に中池見に来ていた中学生の皆さんとの合同の稲刈りについてです。

             

            アイシンAW工業、アイシン精機の皆さんが、中池見の保全活動にお越しくださるようになって、今年で4年になります。

            この間、江掘りやザリガニ防除、そして田んぼづくりと、中池見の保全のための取り組みを様々な枠組みで行っていただいています。

            今回は、8月31日に、アイシングループの環境保全研究会議を敦賀で開催されるとのことから、その前日の30日に全国から来られた皆さんに中池見での保全活動に参加いただきました。

            合わせて、日程的にちょうど中学生たちが社会体験に来ていたこともあり、中学生たちにアイシンさんの取り組み、そしてCSR(企業の社会的責任)について教えていただきました。

             

            社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

            グループマネージャーの辻さんより、アイシングループの取り組みについて解説いただいた後、

            アイシンAW工業さんが作ってくださっている田んぼに出て、稲刈りのお手伝いを中学生たちにしてもらいました。

             

            社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

            社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

            前日に生き物学校田で稲刈り経験済みの中学生たちは、稲を束ねる、運ぶ、稲架にかけるの作業を手分けしてやってくれています。

             

            社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

            直前に降った雨のせいで、ぬかるみが増して足元が厳しい田んぼに・・・はまってますね。。。

            そして、一歩動くのも大変なので、つい手を伸ばして手渡しして、バランスを崩しがちですが、

            この日は皆さんとても安定感があり(笑)、無事に刈り終えることができました。

             

            社会体験、アイシングループの皆さんと稲刈り

            最後に、全員で記念撮影。

            最後尾の案山子も入れてもらえたかな?(笑)

             

            さて、いつもと少し違う社会体験になりましたが、

            中学生たちには、お金儲けだけを考えている企業はもう成り立たない、そんな世の中になりつつあることを知って、

            これから社会人となるための学びとしてもらえればよいなと思います。

             


            水草研究会全国集会が開催されました。

            0

              先週は、様々な出来事がありましたが、どれもご報告が遅れて焦っております(苦笑)

              台風も通過したところで、ここからボチボチアップしていきます。

               

              先週末に開催された、水草研究会全国集会から。

               

              水草研究会は、研究者だけでなく、学生さんや一般の愛好家の方もおられる、

              とても自由な雰囲気と水草愛あふれるステキな研究会です。

               

              水草研究会全国集会水草研究会全国集会

              水草研究会全国集会水草研究会全国集会

              水草研究会の会長、角野康郎先生。 

              中池見でもずいぶんお世話になっています。

              今回は、長年の研究の中で日本のフローラに追加された水草についてのお話、それと合わせて、

              ご自身を第2世代と呼び、それに続く研究者の皆さんのご活躍について、水草研究の未来への期待も込められたお話を伺うことができました。

               

              水草研究会全国集会水草研究会全国集会

              口頭発表の後は、ポスター発表。

              それぞれの研究成果について、熱心なやりとりがされ、1時間以上あった時間も物足りない様子の皆さんでした。

               

              2日目は、エクスカーション。

              午前は中池見へ、午後は三方五湖へという日程です。

              樫曲から入って、湿地が開ける江尻口で記念撮影をした後は、それぞれに興味関心のあるもの、ある場所へとどんどん進んでいかれます。

              水草研究会全国集会水草研究会全国集会

              記念写真直後から、江尻の田んぼでさっそくヒメビシを見つけて観察する皆さん。

              まだ稲が植わっている研究田を取り囲む(笑)皆さん。

              デンジソウがフツーにある様子に、喜んでいただけたようです。

               

              水草研究会全国集会水草研究会全国集会

              研究田の2枚目以降は、稲もないので、草の中をズンズンと捜し歩きます。

              ここでのトピックは、チョウジタデとウスゲチョウジタデの見分け方。

              色々見分けがある中で、確実なのは、花が咲き終わってきれいに落ちた痕に、

              毛が生えているかどうか、ということだそうです。

              私もよくわからなかったので、とても勉強になりました〜

               

              水草研究会全国集会水草研究会全国集会

              他にも、この日には稲刈り直後で間に合わないかなとおもっていたヤナギスブタが1つだけ花をつけてくれていて、これにも感激!

              私も、よくぞ咲いて待っててくれたと、ヤナギスブタに感謝でした(笑)

              食べても平気なくらい元気なデンジソウやミズトラノオ、ヒメビシなどをご覧いただき、皆さんも中池見の水辺を堪能いただけたと思います。

              また、私たちの下見の時点では見つけられなかったミズオオバコも見つけていただき、いろいろと伺いたかったことを伺うことができ、私たちにとっても充実した有意義な時間となりました。

               

               

               


              本日(9/4)は台風接近につき、中池見人と自然のふれあいの里は休園します。

              0

                いつも、中池見人と自然のふれあいの里をご利用いただきありがとうございます。

                 

                本日9月4日は、非常に強い台風21号接近のため、

                 

                安全に配慮して、

                 

                ふれあいの里は休園します。

                 

                どうぞ、皆さまもくれぐれもご安全にお過ごしください。


                ミニ田んぼの稲刈りが始まりました〜

                0

                  先週末の8/25〜26、ミニ田んぼの稲刈りが始まりました。

                  稲刈りに向けて、水を抜いて作業がしやすくしてあったのですが、

                  直前の台風で水がたまり、田靴を履いての稲刈りになりました。
                   

                  ミニ田んぼ稲刈り

                  初日の25日、朝のうちは雲も多く、時々日が陰って風もあり、

                  作業しやすいように思っていたのですが、

                  すぐに、日が射し始めたちまち湿気の多い酷暑となりました。

                   

                  ミニ田んぼの稲刈りミニ田んぼの稲刈り

                  そのうえ、一歩歩くたびに足が抜けなくなる泥田ぶりに、

                  皆さん、とても苦労されていました。

                  ミニ田んぼの稲刈りミニ田んぼ稲刈り

                  稲を刈って束ねて、稲架(はさ)まで運んでかけます。

                   

                  ミニ田んぼ稲刈りミニ田んぼの稲刈り

                  最後までしっかり稲刈り手伝ってくれたお兄ちゃん、お父さん大助かりでしたね!

                  あとでまだ年長さんと伺ってびっくり!ハサ架けまでがんばってくれました。

                   

                  2日目は、文句なしの青空広がる快晴。

                  ミニ田んぼの稲刈り

                  恨めしいほどのいいお天気(苦笑)

                   

                  ミニ田んぼの稲刈りミニ田んぼの稲刈り

                  暑さを見越して、皆さん早めにスタートしてくださっていました。

                  とはいえ・・・の酷暑。

                   

                  ミニ田んぼの稲刈りミニ田んぼの稲刈り

                  ベテランスタッフのおばちゃんたちの作業の手元を動画に撮って記録しました。

                  サポーターさんも、その様子を見ながら、なるほど〜〜!

                   

                  ミニ田んぼの稲刈りミニ田んぼの稲刈り

                  この日は、囲炉裏番ボランティアの秋あかねさんも来てくださり、

                  囲炉裏の火で美味しいゆでジャガをしてふるまってくださいました。

                  わくわく山から見た稲刈りの様子。案山子くんも参加してるようです(笑)

                   

                  ミニ田んぼの稲刈りミニ田んぼの稲刈り

                  古民家の軒先で休憩中の女子たち、ポーズがカッコいい!(笑)

                  そして、束ね終わったら休憩しよう〜ともう一息をがんばるご夫婦。

                   

                  ミニ田んぼの稲刈り

                  稲架(はさ)かけまでこぎつけましたね〜

                  本当にご苦労様でした!

                   

                  メダカ

                  皆さんを苦しめた台風の雨ですが、

                  その雨水がたまった田んぼの隅には、嬉しそうにメダカが泳いでいました。

                   

                  この2日間で、ミニ田んぼの半分ほどの区画の稲刈りが終わりました。

                  皆さま、本当にありがとうございました。

                  脱穀の日が楽しみですね〜

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  水草研究会第40回全国集会(福井)が敦賀で開催されます。

                  0

                    9月1日(土)に敦賀で開催される、水草研究会第40回全国集会のご案内です。

                     

                    水草研究会は、水草に関する研究および知識の普及と会員相互の親睦を目的とした任意団体で、研究者や学生、一般の愛好家を含む多様な会員からなります。

                    毎年開催される全国集会を今年は敦賀で開催されることとなり、研究発表会の聴講者を募集しています。

                    会員でない方でも聴講できるとのことですので、水辺の植物に関心のある方は、ぜひご参加くださいませ。

                     

                    ◎日時: 平成30年9月1日(土)13:30〜17:30

                    ◎場所: 敦賀市 南公民館2階ホール(敦賀市本町2-1-20)

                    ◎プログラム:
                    (1)口頭発表(13:30-16:00) ※8組の発表を予定。
                    (2)ポスター発表(16:15-17:30) ※8組の発表を予定。

                     ・発表タイトルについては、以下のウェブサイトをご参照ください。
                     http://mizukusakenjp.sakura.ne.jp/dmo69416/40fukuiprograms
                     ・水草研究会については、以下のウェブサイトをご参照ください。
                     http://mizukusakenjp.sakura.ne.jp/dmo69416/

                     

                    ◎参加等 資料代300円(希望者のみ)
                    ◎募集人数40名 ※水草研究会員が約60名参加します。
                    ◎聴講の参加申込み締め切り 8月30日(木) ※要、事前申込み
                    (お名前・ご所属・ご連絡先・参加人数をお知らせください)

                     

                     

                    ◎お問合せ・申込み先
                     水草研究会第40回全国集会(福井)実行委員会(担当:石井)
                     〒919-1331 福井県三方上中郡若狭町鳥浜122-31-1 福井県里山里海湖研究所
                     Tel: 0770-45-3580
                     Fax: 0770-45-3680
                     E-mail:jishii@kore.mitene.or.jp 

                     

                    ◎後援 敦賀市、福井県

                     

                    ちなみに、今週末には稲刈りを迎える中池見の田んぼ周りには、様々な水田雑草が見られます。

                    雨が少なくて心配なところもありますが、センター前の条件のいい場所には様々な水田雑草が姿を見せ、見始めると座り込んで動けなくなるので、暑い日には要注意です(笑)

                    そのごく一部をご紹介します。

                    アゼトウガラシ

                    アゼトウガラシ

                     

                    マルバノサワトウガラシ

                    マルバノサワトウガラシ(絶滅危惧粁燹

                    シソクサ

                    シソクサ(県域絶滅危惧粁燹

                     

                     


                    咸新小学校親子体験活動、今年は江掘りにも挑戦!

                    0

                      夏休みも終盤の昨日は、咸新小学校の親子体験活動で、

                      中池見の保全作業を、小学生の皆さんと保護者の皆さん先生方とで取り組んでくださいました。

                      高学年は江掘り、低学年はザリバス(ザリガニ駆除)にチャレンジです。

                      今年の猛暑は身の危険を感じるほどのものだっただけに、コンディションが心配でしたが、

                      前日から気温も下がり、爽やかな日となりました。

                      咸新小親子体験江掘り咸新小親子体験江掘り

                      こちらは江掘り。最初に作業スタッフから作業のやり方など説明を受けて、さっそく取り掛かります。

                      江掘りは、水路に生えたヨシやマコモなどを抜くことで、水の流れをよくする作業です。

                      ヨシやマコモは水路の底にしっかりと根を張っているので、横に這った根を大鎌で切って三つ鍬や手で抜きます。

                      咸新小親子体験江掘り咸新小親子体験江掘り

                      2・3人で協力しながら抜いてくれています。

                      根っこが長〜く抜けると気持ちいいね!

                       

                      咸新小親子体験江掘り

                      こちらは、抜いた後に水路に浮いている切れた葉を掃くように取ってくれています。

                      道具によってそれぞれ作業の意味があることを教わります。

                       

                      一方、こちらはザリバスチームです。

                      咸新小親子体験ザリバス咸新小親子体験ザリバス

                      事前にしかけておいたかご罠を引き上げています。

                      入ってるか〜?!

                       

                      咸新小親子体験ザリバス

                      かご罠の中のザリガニを取り出すのに、さらに網を使うという慎重さ(笑)

                      手で取れば?というおとなの声に、網で捕りたいの!と、なるほどね〜

                      水路のザリガニは、場所によって網で捕るのは結構難しいのです。

                       

                      水路のメダカとイトトンボ

                      その水路の中にはメダカが気持ちよさげに泳ぎ、イトトンボが産卵しているのがあちらこちらで見られました。

                       

                      咸新小親子体験ザリバス咸新小親子体験ザリバス

                      こちらの水路でも網でザリガニを取ってくれています。

                      捕れたよ〜!とピース。

                       

                      作業は1時間ほどで終わり、センターに戻りました。

                      咸新小親子体験ザリバス咸新小親子体験後のかき氷

                      捕れた捕れた〜!全部で73匹。ご協力ありがとうございました!

                       

                      PTAの皆さんが準備してくださっていたかき氷をみんなで食べてクールダウン。

                      みなさん、美味しそう、嬉しそうですね。

                       

                      カメハウスをのぞく子どもたち

                      カメハウスをのぞく子どもたち(笑)

                      いつまで見てても飽きないよね。

                       

                      今日は本当に皆さん、頑張ってくださってありがとうございました。

                      田んぼや生き物調べなど、様々な活動を中池見で行ってくださっている咸新小の皆さん、

                      そして保護者の皆さんにも活動を知っていただき、一緒に取り組んでいただいたことに感謝しています。

                      これからもよろしくお願いいたします!

                       


                      << | 2/144PAGES | >>